晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS トレーシングがどうもヘンなんです(後編)

<<   作成日時 : 2017/01/31 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 さらに翌日、グレイ108Cの装着してあるDL102で問題のギーゼキングを掛けてみました。DL102はモノ針ですが、縦方向にもコンプライアンスが有るので、ステレオLPを掛けても盤を痛める心配はありませんから。

 やっぱりDL102でギーゼキングは無理ですね。ビビリがさらに強くなります。
 いくらDL102の方が針圧が重いといえども(103Rは2.5g、102は3.5g)コンプライアンスはDL103R>DL102でしょうから、当然だね。
 同時にビビリ異音がトレース能力の問題だという事が確定しました。

 他のLPも聴いてみましたが、どうもピアノだとビビリがデンオンDN308Fより大きいですね。そうなるとモビー側のDL103Rがビビリ易いのはUA70の問題ではないでしょうか。
 DN308FのアームはDL103を装着する事を前提として作られていますから、UA70よりもDL103Rに相性が良くても当然でしょうが、音が良い悪いという段階ではなく、トレーシング能力に差が出るのはマズイよねぇ。

 UA70の名誉のために書いておきますが、モビー・ディックに装着したUA70はオーバーハングが正規の値に出来ず、5mm程長くなっています。
 でも内周でビビルのならオーバーハングの狂いかもしれませんが、外周でもビビりますぞ。

 我が家のUA70、箱入り新古品と云えども、流石に1970年から47年間、倉庫の奥で眠っていたブツですから、ベアリングか何かが傷んでいるのかもしれませんね。
 組み立てていて少し気になったのは、パイプアームとアーム基部の接合部分の剛性が少し低いのではないかと。
 この辺りの剛性を上げるために、ステンレスだのチタンだのカーボンだの、ずいぶんメーカーは工夫を凝らしていますから。グレイ108Cなんか、凶器(w)になるくらいゴツクて剛性が高いですよ。

 うーむ、UA70、見ている分には柳腰の美人でホレボレしちゃうのですが、少し不具合が有るのかも。

 どーしよーかなぁー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレーシングがどうもヘンなんです(後編) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる