晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS RCA70-C1のステレオ用にベンツマイクロACE SHを導入しました(その2.)

<<   作成日時 : 2017/02/12 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (ベルドリームSA-750LBに装着したベンツマイクロACE SHです。半透明の青いケースに入っているのですが、前側は青色が薄く透明に近いため、針掃除がやり易いですよ)

 お店で相談しますと、「SPUリファレンスとオルトフォンの安い方のダイナミック型ロングアームで良いでしょう」との話です。
ここで話を終わらせてはいけません。このお店の店主は、お客さんが欲しいといったブツには余程の事が無いとダメだししませんから。

 以下は20年以上前に店主御自身に聞いた話です。

 若いころ、お店の年配のお得意さんに「JBLのパラゴンを買おうと思う」と持ち掛けられたことが有ったそうです。店主は「およしになったほうが良いですよ」と言い、その方は結局パラゴンを買われなかったそうです。

 月日が流れ、その方は不治の病を得られました。お見舞いに行ったところ「パラゴンが欲しかったなぁ、でも○○さん(店主)が反対したからなぁ」と言われたそうです。
 その後、程無くしてその方は他界され、店主は「本当に悪い事をした」と思われ、その後はお客さんが欲しがるものは売る事にしたそうです。

 これはその通りだと思います。限りある人生ですから「やって後悔」は「やらずに後悔」より100万倍はマシですね。

 そんなわけで、店主が良いと思っているパーツが何かは相当探りを入れないと聞き出せませんw

 「SPUリファレンスも悪くはないだろうけど、昔のSPUと比べると薄味ですよね。なんかゴツイ音のするヤツは無いですかね」と食い下がりますと、ようやくにして「ベンツマイクロの一番安いACEというシリーズの、それも一番ハイインピーダンスのヤツが凄くブリリアントな音がします。上級機より良いです。でもインピーダンスが高すぎて敬遠されるのか、一般には人気がありません」と聞き出しました。

 ただ、ベンツマイクロは入荷が不安定で、商社に在庫が無いとかなり待たされることがあるとか。もっともこの辺の事情は他社のMCカートリッジ、特に上級機種には付き物らしいです。
 量産のしやすいMM型ならそんな事は無いそうですが、MMは何処となくベールが一枚掛かったような音がしませんか?
 昔はMCもプリントコイルのヤツがありましたが、市場が縮小してしまったため、型代の償却が出来ません。ですから新型は出てきそうにないですね。

 結局、家内工業で名人のおば(あ)さん、おじ(い)さんが一つ一つコイルを巻いているらしいです。
 人件費の安い東南アジア、せめて中国で生産すれば価格も下がり、在庫も持てるのでしょうが、高級MCカートリッジ市場には技術移転にカネを掛ける程のスケールが無いですよね。

 米国シュアのカートリッジは全製品メキシコ生産にしてから価格もむしろ下がり、シェアも拡大している様です。しかし、その代償として高級MMカートリッジのV15シリーズを生産する事が出来なくなりました。

 うーむ、商売は何でも難しいもんですなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
RCA70-C1のステレオ用にベンツマイクロACE SHを導入しました(その2.) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる