晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS RCA70-C1のステレオ用にベンツマイクロACE SHを導入しました(その3.最終回)

<<   作成日時 : 2017/02/12 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (出来上がりの写真です。モビー・ディックの右上のトランスクリプションアームの付くところに上手い具合に嵌まる温度計が自室に有りました。
 LPスタビライザーに山本音響工芸の中量級のレトロなデザインのヤツを奢ってみました。フェルトのターンテーブルシートはゴム製より少しスリップする様な気がしたので)

 ギアドライブ・ターンテーブルのRCA70-C1にはベンツマイクロでは軽やか過ぎるイメージがあるのですが、オーディオは結局のところ音です。
 以前、オペラの話しをネタにした時に、オペラ歌手は見てくれなんか関係ない、やっぱり声だよと書きました。
 一丁ベンツマイクロで勝負をかけましょうw

 RCA70-C1は当初スタックスUA70に手持ちのDL103Rを取り付けて鳴らしましたが、アームが高感度過ぎてDL103とは合わず、ベルドリームSA-750LBに変更しました。
 同時にアームとカートリッジの相性実験用にシュアM97xEもGET、これが思いの外良く鳴り、SA-750LBに取り付けてクラシックの小編成なぞを楽しんでいました。
 ここでカートリッジをACE SHに取り換えますと…

 高域、低域共にレンジが拡大し、余韻の出方が素晴らしいです。キレも一段と向上し、透明感も段違いですっ !!
 少し低音過剰の様な気もしますが、緩い低音がブォーンと鳴るのではなく、引き締まった低音がグワンと鳴る感じで、キモチ良いというか、嬉しくなっちゃう低音です。
エージングが進めば更に良くなりそうですよ。

 こう言っちゃ長年使用したカートリッジに申し訳ないんですが、もうDL103Rなんかユルくて聴けませんぜ。新参のM97xEとは格が違います。
 確かに、放送局で使うなら難の無いDL103、小編成をBGM的に聴くなら優しい音のM97xEでしょうが、男がデカイスピーカーの前に陣取って、本気で聴くならベンツマイクロACE SHですな。

 うーむ、DL103R+DN308Fをリファレンスとして今後も使うつもりでしたが、こりゃあ部屋の飾りになっちゃうかもしれませんぞw

 それから、このカートリッジは勿論ステレオなんですが、モノラルレコードが凄く良くなります。コルトレーンの「マイ・フェイバリット・シングス」のモノ盤をクラングフィルム・オイロダイン一発で鳴らしてみましたが、心臓がドキドキして不安になっちゃうぐらい良い音で鳴ります。

 ACEにはモノラルカートリッジACE MONOも有る様なので、次の機会にはコレに逝きましょう。ACE MONOはACE SMとよく似ていますので、針も細く上下のコンプライアンスも高そうで本式のモノ針とは違う感じですが、ACE SHのモノラル再生がコレなら買ってみる価値は大ありですね。
 でもこれ以上モノラルLPがヨク鳴ったら、本当に心臓麻痺を起こしちゃうかもw
 こりゃあ、DL102とグレイ108Cの出番だって無くなっちゃうかもしれませんな。

P.S.
 ACE MONO、まさか結線をショートさせただけのナンチャッテMONOじゃないよね?チップがラインコンタクトだし、何故かチャンネルセパレーション35db以上と書いてありますが?
 まぁ、音が良ければ理屈はどーでも良いんですがねw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
RCA70-C1のステレオ用にベンツマイクロACE SHを導入しました(その3.最終回) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる