晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS あそか会追悼供養&徳島で災害訓練でした

<<   作成日時 : 2017/02/06 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 日曜日は徳島県美馬市で行われた大規模災害訓練に参加してきました。想定災害は「南海トラフ巨大地震」です。
 伯鳳会グループからは赤穂中央病院の部隊、左から看護師B君、看護師K1さん(新妻)、医師ベンプレ親父、ロジスティックスK2君の4名が参加しました。
 朝6:30に赤穂を出発、一日仕事になりました。

 写真の様にレクサスLS600で優雅に到着したのですが、いきなり車体に「災害支援車」のマグネットステッカーを貼られ、後は兵隊として頑張りましたよ。
 現場は老人ホームの福祉避難所を担当しました。
画像

 中心となったのは写真のホウエツ病院です。この病院は中規模の民間病院なのですが、民間としては全国にいくつも無いヘリポートを持っています。
 計画では5機の災害ヘリが上空を乱舞する予定でしたが、あいにくの悪天候でヘリが飛べなかったのは残念でした。
画像

画像

 訓練参加者は総勢320名との事です。県、市、警察、消防、DMAT、AMAT、AMDA、ホウエツ病院、老人ホーム家康、他多数の参加です。
 特にホウエツ病院と家康の職員の方は日曜日を潰しての訓練参加です。お疲れ様でした。
 
 ですから林先生のグリップ、ガバナンスは凄いですね。
 ベンプレ親父がやったら、職員から総スカンでしょうなw

 伯鳳会グループからは赤穂中央病院の隊が参加した事を書きましたが、今回はAMDAの括りでの参加です。われわれはAMATの資格もあるのですが、南海トラフ巨大地震ではAMDAの指揮下で参加する事になると思います。
 他にも筑波記念病院、平成立石病院、加納総合病院、河北病院、南多摩病院、徳島県立中央病院、倉敷成人病センター、倉敷平成病院、諸国進太郎クリニックなど多くの医療機関が参加していましたが、これらの病院はDMAT、AMAT、AMDAなど複数の組織に加入しているところが多いのです。
 白鬚橋病院前院長の大桃先生も平成立石病院から参加しておられましたが、DMATではなく、今回はAMATの指揮者としての参加でした。
 訓練は横の連携もスムーズで良いトレーニングが出来たと思います。

 帰りに高速のSAで、定番の讃岐うどんを買って帰りましたよw

 前後しますが、金曜日はあそか会の追悼供養を築地本願寺で行いました。この日は晴天でした。
画像

 毎年2月初めに、あそか会創設者の九條武子様の御命日に合わせて行っています。
 昨年はベンプレ親父、腰椎脊柱管狭窄症で車椅子生活になっていて参加できませんでしたが、今年は理事長としてご挨拶が出来ました。

 あそか会では1年間に253名の方がご逝去されました。ご冥福をお祈り申し上げますと共に、最後までお世話をさせて頂きましたことを感謝いたします。

 合掌

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あそか会追悼供養&徳島で災害訓練でした 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる