晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニバーサルアームなんて無い事を勉強しました(その1.)

<<   作成日時 : 2017/02/06 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (UA70を一旦片付けて、グレイ108Cをメインポジションに置きました。針が乗せやすくて良いですな。
 ベンプレ亭書斎のRCA70-C1、右前側のイコライザーが付いていないのですが、ツマミだけ両面テープを小さく切って乗せてみました。なんだか見た目が安定しましたよw)

 「トレーシングがどうもヘンなんです」のブログを1月31日に掲載しました。
 趣旨は『デンオンDL103RをスタックスUA70ユニバーサルアームに装着するとビビる盤が有る。デンオンDN308Fに装着してあるオリジナルアームに取り付けた103Rは殆どビビらないのに。UA70は大丈夫?』でした。

 アホなベンプレ親父は新しく勉強させてもらいました。結論は『ユニバーサルアームなんて無い』です。

 この結論にたどり着いた顛末記を書いちゃいます。思考過程と試行錯誤の話なので、あんまり意味ないですがw
 こんな感じでお話は進んで行きました。

 RCA70-C1モビー・ディックに装着中のスタックスUA70、見てる分にはサイコーだし、ピアノ以外はトレーシングに大きな問題は無いし、もしかするとDL103Rと相性が悪いだけかもしれません。
 しばらく様子を見るのが賢いとは重々承知の助ですが、なにしろベンプレ親父はアホな上に老い先短い身です。別なアームを探す事にしました。

 私がもう10歳若ければ別な判断もあったのでしょうが、アラカンが安心立命の境地で余生をLPを聴いて過ごすには、トーンアームの不安を早期に解消する他はないゾと。

 そうはいっても先立つものは心細くなる一方です。
 コストが何とかなって、モビー・ディックに装着できるアームは無いかなぁと探してみました。

 普通のパイプアームで、あんまりトンガってないヤツが良いですね。
 更にモビー・ディックに新しくアーム用の穴を穿たないで済むアームが良いな。UA70はこれをクリアするために、オーバーハングを5mmほどズラして装着しています(シェルへのカートリッジ取り付け位置を可能な範囲で調整しても5mmだけアームがプラッターに近いです)。

 スタックスUA70を取り外しRCA70-C1モビー・ディックの開口部を実測してみますと、既存の穴は38mm径、スピンドルから283mmが中心になっています。
 次はエクスキューズの無いように、オーバーハングも合わせておきたいところですが、アームベースの埋め込み部分がスピンドルから264mm〜302mmに収まるアームなら、モビーに新しい穴を開けずにオーバーハングを合わせられます。
 この辺りを考えながら、新旧の長尺トーンアームの有効長を調べてモビー・ディックに装着するステレオカートリッジ用アームを探してみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニバーサルアームなんて無い事を勉強しました(その1.) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる