晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアレス15095MCトランスのシャシをハモンド製に変更

<<   作成日時 : 2017/06/05 05:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日ピアレス15095をMCトランスに使用し始めたことを書きました。当初シャシはそこらへんのペコペコの弁当箱アルミシャシでしたが、少々ハムが乗ることと、いくらなんでも貫禄無さすぎと思い、写真のように厚さ3mmのダイキャストのアルミシャシに変更しました。
 内部配線は前と同じくウエスタンの単線です。

 これで少々ハムは減りましたが、まだ少し残ってますねぇ・・・
 トランスの置き場所など工夫してみるつもりですが、モーターからの漏れ磁束(?)が直接MCカートリッジに入ってのハムならこれ以上は取れないかもしれませんね。
 まあ実用上は問題ない範囲のハムですから、気にしすぎはダメですな。CD聴いてるのとは元々違うんだしw

 MMカートリッジのシュアM97eXならハムはほとんど聴こえません。
 マイクロトラック740は時代的にもシュア、ピッカリング、スタントンあたりのMMを使うことが多かったのでは?アメリカはMCよりMMが主流でしたから。
 
 なお、MCトランスのシャシはハモンド製です。通販では見つけていましたが、店頭で見つけることは難しいだろうと思っていましたら・・・
 流石はアキハバラ。ラジオデパートの2Fのお店にちゃんとありましたよ。

 塗装済のハモンド・シャシもありましたが、無塗装の地肌がヴィンテージのトランスには似合うんじゃないかと無塗装を選択しました。
 アースを取るのに裏蓋と本体の間の塗装をはがす手間も要りませんしねw

 出来上がりは・・・シブくてなかなかカッコイイね !


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピアレス15095MCトランスのシャシをハモンド製に変更 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる