晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京曳舟病院・山本保博院長が後藤新平賞を受賞  (^-^)/ 126.4kg

<<   作成日時 : 2017/06/16 13:52   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

 本日の読売新聞紙上で発表されましたが、東京曳舟病院院長・山本保博先生が今年度の「後藤新平賞」を受賞されることになりました。
 
 長年の国内外に渡る救急医療、災害医療に対する多大なる貢献が評価されたものです。
 おめでとうございます。

 受賞の喜びもものかは、来る6月24日(土)pm1:30〜pm4:00には東京曳舟病院を中心に伯鳳会グループ防災訓練が行われ、山本先生が陣頭指揮を取られます。
 グループ内参加病院は東京曳舟を始め、赤穂中央、赤穂伯鳳、大阪暁明館、明石リハビリ、はくほう会セントラル、あそかの7病院です(産科婦人科小国と城南多湖は不参加)。

 全日本病院協会AMAT隊も多数参加されます。もちろん地元医師会、地元自治会、警察、消防、墨田区の皆様も。
 東京曳舟病院の大家さんである東武鉄道様も参加して頂けることになりました。
 業務提携を結んでいるシーメンス様も参加され、マスコミの取材も決まっています。

 今回の想定災害はズバリ「爆破テロ」です。

 過去、主に地震災害を想定して行われてきた伯鳳会グループ合同災害訓練ですが、昨今の社会情勢、東京オリンピックを控える現在、NBC災害訓練は時を得たものと思います。

 東京曳舟病院では既に二回爆破テロの講習を行いました。
 テロリスト役はまだ秘密のようですが、さぞや凶悪な人相のテロリストが現れるのでしょう(もっとも最近は女性の自爆テロが多いそうですが)。

 もちろんベンプレ親父も赤穂AMAT隊の一員として参加致します。
 山本先生、当日はよろしくご指導下さいませ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大変素晴らしいことだと思います。
過去にも錚々たる人物が受賞されておられ、そこに山本先生の名が連なるのは、伯鳳会グループにとっても大変名誉なことと存じます。
ただ自分の仕事を増やしたくないがために、急患を診療しない、暇そうな某救急担当医とは大違い。
実況UUUM
2017/06/17 09:25
昼夜逆転しているわけでなく、どんなに遅くまで起きていても、五時前にはパッチリスッキリ目覚めます。良いのか悪いのか… さて、山本先生の業績は私でもテレビで拝見したことがありますが、先生のグループの院長だとは初めて知りました。大変名誉な授賞、心よりお祝い申し上げます。
先日福島出身の友人と話していましたら、自分の故郷に二度と足を踏み入れることが出来ないと…悲しいですね。表に出ないだけで自殺に追い込まれている方も多いそうです。また姉の友人の親族も津波の被害で発見されないままです。私は子供もいないしこの年齢ですから、福島産のお米や林檎などもいただいていますが、子供は心配ですね。北のミサイルと危機感を煽りながらも、原発再稼働することに違和感を持ちます。在日米軍基地より余程危険なのではありませんか?
テロ等に対応するする為に訓練を行うそうですね。大がかりになりそうですね。頑張って下さい!
blogめぐり
2017/06/18 01:24
山本先生は日本医科大学救急部教授、東京臨海病院院長を経られて東京曳舟病院の院長に三顧の礼で就任していただきました。
先日も国際学会の学会長を務められたばかりで、現役感いっぱいの先生です。

今回はNBC災害のうちの「爆破テロ」でやりますが、爆発には核物質、生物兵器が併用される可能性も考えて行動しなければならないそうです。
それから、救命には爆風肺に対する対応と、四肢の離断に対するターニケット止血がキモらしいです。
しっかり勉強したいと思います。

それから、原発、止めない方がアホとしか思えません。要するに巨大な利権があるのでしょうね。
森友、加計、豊洲、共謀罪もそうですが、知性主義はどこへ行ったのでしょう。
ベンプレ親父
2017/06/18 07:45
なんでもかんでも救急を受け入れればいいというものではないですね。
コンビニ受診が社会問題となって久しい。地域社会の意識改革は大変重要なことと考えます。
働き手はどんどん少なくなっています。
W
2017/06/18 11:13
そもそも病棟の常勤医(内科医)が少ないと、救急の受け入れができない。疾患にもよるが、一人の医者が受け持てる入院患者は、だいたい10人くらい。
それ以上の受け持ちは無責任な安請け合いでしかないと思う。
W
2017/06/18 22:22
w様コメント有難うございます。

需要と供給のミスマッチは解消の難しい問題ですね。
しかしあちらが立てばこちらが立たずという問題はそこらじゅうで起こっています。

このような全員が納得できる解のない問題は、私は「三方一両損」で行くことにしています。

患者も少し泣いて、医師も少し泣いて、経営も少し泣く。
自分だけ泣かないと主張しても、世の中は通りませんからね。
ベンプレ親父
2017/06/19 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京曳舟病院・山本保博院長が後藤新平賞を受賞  (^-^)/ 126.4kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる