晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS MCトランスをいろいろ試してみました(その3.)126.8kg

<<   作成日時 : 2017/06/13 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (左はオークションで落としたケーシング済のピアレス4722です。出力端子側にあった何も繋がれていないアースターミナルは外しましたので小穴が開いています。
 入力端子側の天板に穴を開けてアースターミナルを取り付け、ウエスタン単線で15095と同じようにアースを取り直しました。
 右はUTC P-1です。配線は布被覆の単線を使い、P-1の1次側は50Ωにしてあります)

 さて改めて4722の視聴です。15095は元気印、楽しく闊達な音ですが、ネット情報によると4722はクラシック向けの繊細な音との評価ですが・・・

 ベンプレ亭書斎のシステムで聴く限り、全然ウソです。15095と同様のパワフルな音で響きも深く、美しく、一目惚れならぬ一聴惚れですね。
 時々、最初の一音でワッと感じるオーディオ機械がありますが、4722はソレでした。18倍(1次インピーダンス150Ω)で音量は十分、36倍(1次インピーダンス38Ω)の必要はありませんでした。
DL103のインピーダンスは40Ωなので、1次インピーダンスは38Ωの方が適当かなと思いましたが、これは無視して良いようです。

 試聴記をもっと書きたいのですが、音が良いと却って書く事がないですな。オーディオに関する文章では本業の剣豪小説以上の境地にあった五味康祐先生も、良いと感じた時は「ええ音や」しか言わなかった(言えなかった)そうですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MCトランスをいろいろ試してみました(その3.)126.8kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる