晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロトラック(MICRO-TRAK)6401フォノイコをオシャレにw(駄) 119.9kg

<<   作成日時 : 2017/07/16 21:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

(台座全面と6401フォノイコの間にアダプターを噛ませてツマミを後退させてみました。この方がカッコイイでしょ)

 オーディオのブログですから基本的に(駄)ですが、今回はまた、どうしようもないほど(駄)です。
 少し前のブログに6401をバーチ合板の台座に固定した事を書きました。
 その時、「RIAAカーブ変更用のスイッチのシャフトを短くカットすると、ツマミが飛び出さないのでもっとカッコよくなる。でもオリジナルシャフトを切る勇気はありません」と書きました。

 ならば6401と前側の合板の間に「噛ませ」を入れて、シャフトを後ろに引っ込めてやろうと考え、アダプターを作ってみました。
画像

 近所のホームセンターに転がってた10mm厚のMDF材の切れっ端をテキトーにカットし、穴を開けて作ったアダプターです。

 いざアダプターを噛ませてみますと、6401を前側の合板に固定している2本のボルトの長さが足りませんがな・・・
 6401はアメリカ物なのでインチネジですから、このクソ暑いのにメンドイなーとは思いましたが、東京出張時に虎ノ門の三和鋲騾を覗いて、オリジナルより長いインチネジをgetしてきました。

 10mm長いとちょうど良いかなと思いましたが、同じ太さのマイナス皿ネジだと現行ネジ+7mmと+13mmが在庫でした。現行ネジの材質は鉄ですが、在庫はステンレス。これは望むところです。
 両方買い込みましたが+13mmで行くことにしました。
 なおプラスの皿ネジならもう少し長さのバリエーションがあるようでしたが、クラシックな米国製機材はマイナスネジじゃないとねー。
 
 ついでに、出力コードの固定にも少々工夫を。

 6401の出力はハーモニカ端子になっていて、プラス側は芯線2本をYラグでまとめて端子に接続、マイナス側はシルード網線をほぐして熱収縮チューブを被せ、Yラグでまとめて接続していますが、どうも此処に張力がかかると痛みそうで、長期使用には不安です。
画像

 写真のように結束バンドとその固定具を台座の後端に取り付け、出力コード、アース線とハーモニカ端子の部分に力が掛からないように工夫しました。
 
 以上(駄)ネタです。もちろん音質とは無関係ですな。

P.S.
 体重が119.9kgとなり、減量終了です。現在犬たちと一緒に甘納豆を食べながらブログを書いています。
 今日はこの夏一番の暑さでしたが、痩身のベンプレ親父ですから大丈夫です(^ー^)/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロトラック(MICRO-TRAK)6401フォノイコをオシャレにw(駄) 119.9kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる