晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 南海トラフ地震想定訓練に参加してきました

<<   作成日時 : 2017/07/29 22:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜東京での仕事を済ませたあ後は赤穂へ帰らず大阪泊まり。今日はam8:30からpm6:00まで南海トラフ地震想定訓練に参加してきました。
 日本DMATが主体の内閣府主催の訓練でしたが、今回からベンプレ親父の所属するAMATと日本精神病院協会のDPATも参加しました。
 大阪での訓練はDAMAT15隊、AMAT7隊、DPAT5隊が参加。AMAT本部は天神の加納総合病院、総合本部は枚方の関西医大でした。

 ベンプレ親父の所属する赤穂AMAT・第一隊は午前中は被災地の情報収集、午後は関西医大でDMATと合流し、枚方市民病院でのトリアージ、初期治療の後、京都の岡本記念病院へ搬送業務でした。
画像

 枚方市民病院前のトリーアージポストの様子です。被災者は骨盤骨折+ショック、クラッシュシンドローム、フレイルチェストを伴う外傷性気胸など。
 初期治療の後、骨盤骨折想定の被災者を救急車に乗せるところまで行い、その後はカルテだけを積んで岡本記念病院へ。
画像

 昨年新築された京都岡本記念病院です。415床で28,000平米もあり、巨大戦艦みたいですね。
 大阪暁明館病院は482床で22,000平米ですから、随分ゆとりを持って建てられています。施工は大林組だそうです。
 ERに搬入しましたが、本当は他の部署も見せてもらいたかったです。
画像

 今日は一日頑張りましたが、元気の素はこのお弁当です。ナントうなぎが付いています !!
 さすがは加納総合病院ハートフルグループですな。伯鳳会グループはケチなので海苔弁か頑張ってシャケ弁になるのではw

 訓練を終了してから反省会が行われましたが、話題の大半は通信手段です。
 災害で使われる衛星電話は年々回線が混みあい繋がり難くなっています。いつの訓練でも一発では繋がらず、繋がったり切れたりが普通です。
 今回はラインを使ったAMAT隊は通信がスムーズでしたが、衛星電話を使ったDMAT、DPATは苦労していました。
 しかし災害時にはラインの使える環境があるかどうか疑問です。

 さて、課題は多いですな。でもこれは一医師、一経営者の手には余る問題です。通信技術の進歩に期待しましょう。
 キャッチアップは頑張りますからね。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南海トラフ地震想定訓練に参加してきました 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる