晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS DL103に旧い専用アーム、DA-302をGet !!(前編) 122.0kg

<<   作成日時 : 2017/07/05 14:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (前から欲しかったDA-302です。シンプルで柳腰の美人さんですね)

 デンオンのトーンアーム、DA-305をgetしたことを書きましたが、モノは欲しい人に寄ってくるようで、今度はDA-302が手に入りました。
 オリジナルのクリーム色のプラスチックシェル(これが大事らしいです)とオリジナルアームレストもついた完パケですね。

 デンオンDA-302は同じデンオンの局用アイドラードライブタンテ、RP52、RP53にDL103専用アームとして標準装備されていた、スタティックバランスのアームです。
 発売開始は1966年、販売終了は1978〜79年とのことで現物も出庫から40年は経ているとおもいます。
 見てお分かりのように、バランスウェイトを動かす事はできません。プラスチック製のシェルは普通のシェルよりかなり短く、オーバーハングの調整もできません。

 つまり、DA-302はDL103(とDL107=局用MM型だそうですが、ベンプレ親父は実物を見たことはありません)しか使用を想定しておらず、DL103をシェルにつけると、自動的に2.5gの針圧がかかる仕組みになっています。
 ちょっと厄介そうなのはアームコード。アームから直接引き出されており、末端処理はなされていません。

 でもほれ、ちょっと変わったブツで、ちょっとウンチクがあって、ちょっと面倒な部分があって、制約が多いために値段はホドホドなんて如何にもベンプレ親父好みですな。
 それにDA-302、見た目がとにかく良いですよね。ごちゃごちゃした機構が何もついておらずシンプルそのもの。

 まずクリ−ム色の短い軽量シェルがオシャレです。ベンプレ亭書斎で長く活躍しているDN308F生徒会副会長のアーム(型番不明)のシェルも通常のシェルより短い特殊なシェルですが、こちらは金属製。DA-302のシェルは長さこそ同じですがプラスチック製です。
 このプラ・シェルが大変よろしいとの噂があります。確かに金属製より内部損失があって、鳴きにくいかもしれません。ここにクリーム色を使うセンスが良いと思いませんか?

 アームパイプもスッとしたJ型のシンプルなアームで清潔そのもの。
 ピボット周りもアッサリしていて美しい。
 カウンターウェイトは敢えて角柱にして、マットブラック塗装。
 ウェイト横に全くデザインをしていない書体(全くデザインをしていないようにデザインしてあるのでしょう)でDA-302/DENONと書いてあり、これも上品です。

 ネットを見ているとDA-302を日本刀に例えた方がおられましたが座布団3枚ですね w

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DL103に旧い専用アーム、DA-302をGet !!(前編) 122.0kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる