晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS DL103に旧い専用アーム、DA-302をGet !!(後編) 122.0kg

<<   作成日時 : 2017/07/05 14:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (カウンターウェイトの外側に白い文字でDA-302/DENONと小さく書いてあります。オシャレですね)

 DA-302を装着するタンテはMICRO-TRAK740ブルーフロッグしかないです。RCA70C-1モビーディックのキャビネットはオリジナルなので、新しくアームホールを開けるのは気が引けますから。
 DA-302を740のプレーヤーボードに装着する位置はタンテの左側しかありません。右はJELCO SA750-LB、奥は同じデンオンのDA-305が陣取りますので。

 DA-302に付けるカートリッジは、一もニもなくDL103しかないですね。
 現在RCA70C-1のJELCO SA750-LBにDL103が付けてあるのですが、これはなにか他のカートリッジ(既に目星をつけています)に変更することにしましょう。
 マイクロトラック740は従来通りのSA750-LB+ACE S SH、DA-305+DL102に加え、DA-302+DL103が装着されトリプルアームになります。
 賑やか過ぎるとは思いますが、これ以上タンテを増やすとヘンな人だと思われかねませんからw

 アームベース板はSA750-LBと同じ18mm厚バーチ合板、塗装も同じく墨汁を使えば良いと思います。DA302はピボット下部から細いコードが5本ヒョロリと出ているだけですから、アームベース、プレーヤーベースに開ける穴も小さくて済みそうです。
 
 アームコードの端末処理ですが、ネット情報によりますと先端は赤(右ホット)、緑(右アース)、白(左ホット)、青(左アース) 、黒(アーム自体のアース)だそうです。
 この色分けはシェル内リード線でよく使われている配色と同じですね。アームコードは40cmくらいしかないので延長が必要です。自分でやるのは自信がないので、長い付き合いのオーディオマエストロさんにお願いしました。
 
 アームコードはMCトランスのピアレス4722ミントキャンディーに接続しますので、アースコードの先端にはYラグ、信号ラインにはRCAプラグを取り付けないといけません。 
 アーム線材も随分くたびれていますし、見た目も弱々しいので、なるべく重量が軽そうなもの、キャシャなものが良いと思います。

 無事にアームコードが出来上がり、740ブルーフロッグにDA-302が装着できましたら、試聴記を書きますね。
メチャ楽しみですw

 先にブログに書いた同じデンオンの中古ショートアーム、DA-305、一度装着し音出ししてみました。ちゃんと鳴るのですが、少々ピボットのガタ(シェルが回転します)が気になり、修理に出しています。
 おそらくDA-302のアームコードが出来上がるのと同じ頃、修理から戻ってくるのでは。
 こちらも待ち遠しいですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DL103に旧い専用アーム、DA-302をGet !!(後編) 122.0kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる