晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロトラック(MICRO-TRAK)6401フォノイコ導入 !!(その1.)120.7kg

<<   作成日時 : 2017/07/09 16:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (6401の正面です。RIAAカーブの高域を±5db(?)上下できるツマミが付いています。これはボリュームではなく、+5、0、-5の3ポジションを切り替えるスイッチです。)
画像

(6401の裏面です。入力はRCAジャックですが、出力はハーモニカ端子です。ゲイン調整のツマミが2本突き出ていますが、ベンプレ亭書斎では全開で使用しています。コレはラインアンプ以降の左右のバランスが崩れている時に使うのでは?)

 マイクロトラック740ブルーフロッグをGさんに譲って頂いた時に、同社の6401フォノイコライザーを頂きました。
 しばらくそのままにしていたのですが、今後740に装着予定のデンオンDA-302、DA-305が戻ってくれば、ベンプレ亭書斎のシステムは5本アーム(既存はジェルコSA750-LBが2本、デンオンDN308F生徒会副会長のデンオン型番不明アーム)になっちゃいます。

 高齢肥満児のベンプレ親父としては、いちいちラックの裏に回ってピンコードやアース端子を繋ぎ変えるのは大変なので、もう1台フォノイコがあれば便利だなぁと考えました。
 フォノイコからの出力はラインレベルなので、セレクターで切り替えても大丈夫でしょうから。

 現行のフォノイコはマランツPH-1と東京サウンドPE-100、前者のMM端子にベンツマイクロACE S SHを、MC端子にDL103R、後者はMM入力のみですのでピアレス4722ミントキャンディを噛ませてDL103を繋いでいます。
 サブにフェアチャイルド205E+アンペックスAG-440があるのですが、これは常用にするには少々S/N比が心配です。

 モノラル用に使用予定のデンオンDL102+DA-305には何か別のフォノイコを使うのも有りかなと考え、マイクロトラック6401の素性を調べてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロトラック(MICRO-TRAK)6401フォノイコ導入 !!(その1.)120.7kg 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる