晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入記 その12.

<<   作成日時 : 2017/09/07 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日入手したWE555ペアです。製造番号は左がNo.45168、右がNo.45757と近く、生産時期は同じ頃のようですが、外観の痛みは異なります。モノラルで別々の映画館で使用されていたのですから、当然ですね。
 
 ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入記 その10.の続きになります。
 上の現物写真を見ると、これが3ヶ月しか劇場で使用されておらず、あとは倉庫に仕舞われていたか、マニアのオーディオルームで大事に使われていたとは思えないです。

 しかし、もう一回100歩譲って、三ヶ月毎に555が取り替えられていたとしましょう。
 振動板こそ1970年頃までアルテックが生産を引き継いでいた様ですが、555の生産は1935年に完了したはず。  そうなると1949~59年はアメリカの倉庫にあったデッドストック品の555を何千本も輸入してきたことになります。
 いかにウエスタンエレクトリックといえども、それほどの在庫を日本のために抱えているのは不自然では。

 もしウエスタンが555の在庫を大量に持っていたなら、555が使われなくなった頃に相当数の新古品が出回っていたでしょう。しかし流通している555は、戦後に海外からショップや好事家が買い付けたものを含めて、どれも映画館で使われていた中古品ばかりのように思います。

 さらに付け加えれば、東洋ウエスタンエレクトリックのメンテがなかった1937年〜1949年の12年間を555は生き延びました。さらにメンテナンスの終了した1959年から1970年ごろまで、555は10年前後も劇場で使用されていました。その後も50年、マニアのオーディオルームで使用されています。

 ダイヤフラムさえ交換すれば(あるいは交換しなくても)数十年普通に使用出来るのが555です。それはそうでしょう、555は励磁型レシーバーですから、振動板さえ飛ばなければ、あとは壊れるところもヘタルところもありませんぞ。

 旧い個体ならもう90年も使われている555が、3ヶ月に一回新品に交換されていたなんてどう考えてもヘンでは。
 ドライバーなんてパーマネントマグネットのアルテック288系や802系だって50年以上使われている個体はザラにあります。

 我が家のVITAVOX BASS BINのS2ドライバー、新品で購入後32年になりますが、ビクともするどころか、益々良い音で鳴っています。経年変化に強いハンマートーン塗装ではあるにせよ、外観も新品同様ですよ。

 ベンプレ親父は戦後に映画館で使用されていた555は、全て1929~37年の間に持ち込まれたものだと思っています。
 ですから「ウエスタンの機材は映画館へのリースのみ」が事実なら、日本に東洋ウエスタン経由で輸入されていた555は数百本が良いところ、たぶん555を使用した映画館の数+αしか無かったのではないでしょうか。

 輸入1万本は随分話が大きくなっているのでは。戦後かなり経ってからビンテージマニア、ショップが欧米や東南アジアで相当数を買い付けていた事は間違いないですが、九千数百本も買って来たとは思えません。だって数億円〜十数億円、ことによるとそれ以上の資金が必要ですよ。
 それにそれを売りさばくビンテージマーケットがないと成立しません。有り得ないと思うんだけどなぁ・・・

 BOSEの101MMの様なミニスピーカーを除くと、日本で一番売れたスピーカーはJBLの4343で、1万セットだそうです。最盛期は高校生が4343を買い、販売店が納品に行くと、自分のラジカセに繋ごうと彼が待っていたという素晴らしくオーディオ的で、嬉しくなるような話もあります。
 これほど売れた4343と555が同じ数だけ輸入されていたとは信じられないのですが。555をラジカセに繋いだ高校生は聞いたことがないですぞw

 日本に入ってきた555は、国内の映画館からの放出品とショップ等が輸入したものを合わせても千本は無いと私は思います。それをマニアが売ったり買ったり、時には壊してしまったりして、少しずつ個体数を減らしながらグルグル回っているのでしょう。なにしろ人間のほうが555より寿命は短いですからね。
 ネットで売られている555はシリアルナンバーの下3桁が隠してある物がありますね。これは誰が持っていたか、すぐ足が付くからかもしれません。

 ウエスタンはもはや神話の世界に棲んでいますから、話はどんどん大きくなります。「戦前、ウエスタンエレクトリックがスピーカー開発のために費やした投資額はアメリカの国家予算に匹敵した」なんて話もありましたね。
 アポロ計画やマンハッタン計画(原子爆弾の開発)だって、そんな豪快な話はないのに・・・

 まあその、神話なんですから、国引きもヤマタノオロチもダイダラボッチもなんでもアリなんで、面白がっていれば良いといえば良いのだけれどw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入記 その12. 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる