晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入記 その22.

<<   作成日時 : 2017/09/11 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月7日に書いた「ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入期 その21.」の続きとなります。
画像

 WE13Aホーン・レプリカ、無事ベンプレ亭書斎に搬入されました。
 設置位置はベンプレ亭書斎東側、左右のロンドン・ウエスタンスピーカーの中央前方に。
 設置方法は13A使用映画館のデフォであったチューバ型ではなく、ホーンの音軸をほぼ正面に向けたジンベイザメ型としました(チューバ型に設置する場合は12Aと同時使用がお約束)。
 笹本さんはこの部屋だと13Aが小さく感じると言われましたが、やっぱりデカイですよ。存在感十分な黒い怪物です。 
画像

 13Aレプリカは9月11日早朝、笹本さんの工房を出発し、同日am9:00より、中二階にあるベンプレ亭書斎に搬入されました。
 ホーンは木製部分が3分割され、金属スロートと合わせると4パーツに分かれますので、ベンプレ亭の家庭用小型エレベーターになんとか載せることができました。

 写真はパーツの搬入が終了、養生を解いているところです。笹本さんの他に助手の方が1名、さらに九州から見物兼応援の方も来られ、大変助かりました。有難うございました。
画像

 台座、木製ホーン(3っに分かれます)のうち、スロートに近い方の部材2パーツが組みあがり、一番大物の開口部パーツに取り掛かるところです。
画像

 ホーンが組み上がりました。ホーンの部材同士を強固に固定するための小パーツをこれから取り付けます。

 組みあがって、笹本さん持参のCD、ベンプレ親父手持ちのSACDで音の確認を行いました。
 アルテック振動板555、エール音響振動板555、タンガーバルブ電源、トランジスタ式定電圧電源を順列組み合わせで聴いていきましたが、結果は「WE13Aレプリカ&WE555導入記その20.」と同じようでした。電源の差は広がったかな?
 何れにしても、ホーン1本の音とはとても思えない深々とした音に改めて感心しました。これから手を入れていけば、益々良い音がしそうで、とても楽しみです。

 試聴中にエレボイT350ツィーターやエラックSUB2090ウーハーのアタリも付けてみましたが、なんだかイケそうな印象です。

 さて、9月23日にオーディオの友人がベンプレ亭書斎を訪ねてくれる事になっています。出来るだけ良い音が出せるように、笹本さんのタンガーバルブ電源をその時期まで貸していただけることになりました。有難うございます。

 11日はpm2:00より仕事ですので、試聴は慌ただしく終わりました。夜に再度じっくり聴いて、ブログ記事にしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウエスタンエレクトリック13Aレプリカ&WE555導入記 その22. 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる