咸陽市体育館・健美中心にてトレーニング

画像

 5月3日から6日まで陝西省・西安市(人口800万人)、お隣の咸陽市(人口500万人)に出張して来ました。一回だけ咸陽市でトレーニングが出来ました。
 訪れたジムは咸陽市営のジム、入場料は5元(80円)。マシンはワイヤーが切れそうな物やパッドが磨耗している物など、設備は古いものの、一通り揃っていました。年季の入ったスクリューダンベルなんか、なかなか味わいがありましたね。
 パネルも古いものが多く、コリー・エバーソンお姉さまの写真を眼にしたのは10年ぶりかも・・・

 写真はベンプレ親父。口の悪い人は前足と言いますが、これは腕です。
 中国人のトレーニーも沢山いましたが、皆割りと細く、ベンプレ親父の圧勝です。
画像

 ジムの入り口です。看板の中央は日本には(良くも悪くも)縁の深いミロス・シャシブ。
画像

 ジムで売っていた水です。一本596ccが1.5元(24円)。「純真年代」というネーミングが気に入りました。
画像

 今年の秋に来日し、半年間日本の語学学校で学んだ後、来春より日本の看護学校に進学予定のお嬢さん3名です。3名には医療法人伯鳳会・赤穂中央病院より奨学金を支給します。
 一番左が19歳(外語大学日本語学部1年生、日本語検定2級)、一人おいて23歳(外語大学日本語学部4年生、日本語検定2級)、もう一人23歳(外語大学日本語学部4年生、日本語検定1級)です。皆さん意欲があり、聡明な印象で安心しました。

 卒業後は赤穂中央病院で働いてもらった後、咸陽市に設立予定の私の法人(亜細亜伯鳳会)が開設する病院の幹部として活躍してもらいたいと考えています。
画像

 咸陽市の病院買収には失敗しましたが、新規巻き直しで新病院開設を予定しています。今回の出張は土地を決定する事がメインでした。
 写真の咸陽市高進技術開発区の住宅地の中に、50畝(中国の土地の単位。1畝は666㎡、50畝は33,300㎡ !!)確保できました。チト広すぎやしないかと思いますが、中国の私のビジネスアドバイザーは、“良いチャンスだから、50畝、いってまえ”と・・・
 将来の増床、駐車場、緑化地帯、社員の宿舎などを考えれば後でシマッタとなるよりは、広めに獲得する事にしました。
 
 さあ、次は設計だぁっ !! 

 いや、その前に銀行に事業計画書を提出し、資金の確定をしとかないと。
 ザックリした下話は済んでますが、稟議の通りやすい計画書を書いて、担当にラクしてもらうのが、スムーズな融資のコツ。この辺りが私の腕の見せ所というか、レゾンデールなんですよ。

 今日のトレーニングはベンチプレス。メインは125kg×6rep×5set。
 世界マスターズベンチ直前の重量、レップ数、セット数に戻しました。肩の痛みは悪化はしていませんので、ボツボツ行きます。
画像

 これは先日、西安市で開設した、私の眼科医院の広告(バスの横腹に書いてある)です。
 
 ウソです。“古城”とは日本語で “古都”の意味です。西安市(旧名長安)、咸陽市(秦の首都)の別名です。城とは市の意味だそうです。そういえば香港の大ヒット映画に“非情城市” というのが有りましたね。
 
 ベンプレ親父の姓は“コジョウ” と発音しますが、日本読みなら“フルキ” です。“コジョウ”の様な音読みを重ねる読み方は渡来人の姓に多いそうで、私のルーツは案外西安辺りではないかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック