赤穂国際音楽祭開催中です

 先週末から赤穂国際音楽祭が開催されています。
 土曜日は赤穂中央病院のオルガンホールで恒例の音楽祭付属コンサートである「ほのぼのコンサート」が行われました。
画像

 荒井牧子さんのパイプオルガン演奏でしたが、聴衆の数は過去最高で120人以上来られたと思います。
 準備した椅子が不足し、追加の椅子をかき集めて対応しましたが、皆様楽しまれたようです。
 
 翌日は赤穂ハーモニーホールで室内楽コンサート。今年のテーマはモーツァルトとメンデルスゾーンでした。
 アイネクライネナハトムジーク、メンデルスゾーンの弦楽四重奏、モーツァルトのクラリネット三重奏、メンデルスゾーンのピアノ六重奏でした。

 音楽祭の常連、シェハタさんは、今年から楽器を変えたようです。黒っぽいコントラバスから茶色のコントラバスに変更でした。
 以前の楽器よりブーミング感が豊かなように思います。

 東京から、福井元・日銀総裁も聴きにこられていましたね。
 
 今年で11年目、すっかり赤穂に定着し、演奏者も、開催主催者も、聴衆も手馴れてきましたね。
 来年以降もずっと続いていくよう、微力ながら(ベンプレ親父は実行委員会のメンバーです)頑張りたいと思います。

P.S.
 ホールから出て駐車場に向かう道すがら、祭り囃子が聞こえてきました。秋祭りの練習、獅子舞のお囃子ですね。
 風情のある秋の夜でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック