122.7kg 日大アメフト・ラフプレーはこういう事では?

 日大フェニックスのラフプレー問題が収束するどころか大きくなっています。昨日の選手の記者会見を聞いて、「ははーんこういう事か」と私が思ったことを書きます。

 #91はディフェンスエンド(DE)として極めて優秀で、選手として首脳陣に期待されていたのだと思います。
 特に身体能力に優れていたのではないでしょうか。
 しかし、精神面で日大の求めるDE、パスラッシャーとしては物足りなさを感じられていたのでは。

 首脳陣の言葉の端々に、もうひと皮剥けさせたいという感じを受けます。
画像

 みなさん、Furyという数年前に公開された戦争映画をご存知でしょうか。
 ブラッド・ピットが戦車長ですが、戦闘中に同乗メンバーの一人を失います。新兵が配属され、再度前線に出ていきますが、その新兵がイマイチ戦闘員としての覚悟ができていないと戦車長は感じます。

 戦車長は戦闘で捕虜にしたドイツ兵の一人をピストルで射殺する事を新兵に命じます。捕虜は自分の家族の写真を見せて命乞いをします。
 新兵はどうしても撃つことができません。戦車長は彼を叱責し、ピストルに手を添えて撃たせ、捕虜を殺害します。

 このような事例は、先の大戦中には日本軍にもあったようです。捕虜を銃剣で刺殺して、新兵を実戦に向くように苛烈性、残虐性を植え付ける手法があったようです。

 #91が退場後、ベンチの裏で泣いているの見たコーチが、「そんなに優しいからダメなんだ」と声をかけたそうです。これもフィールド内での#91の性格をもっと苛烈で非情なものにしたかったからでしょう。

 実はディフェンスのフォーシングユニット(ディフェンスライン、ラインバッカー)にはフィールド内では、こういう苛烈性、非情性を持つ選手が少なからず含まれており、一般にそのような選手はディフェンスの選手として優秀です。

 同じような身体能力を持つラインマンをディフェンス、オフェンスに振り分けるときに、アメリカのカレッジフットボールでは、ひとつの方法として駐車場での車の止め方を見るそうです。
 駐車場のラインを守って、まっすぐ止める選手はオフェンス、線を無視して乱雑に止めるのはディフェンス。

 ディフェンスの選手は秩序を破壊するのを好み、雑駁に言えば乱暴でヤンチャな選手が向いているのです。
 #91の高い身体能力をプレーで最大限発揮させるために、一皮剥けさせるために敢えて苛烈で残虐な、非常識なプレーをさせたのでしょう。
 そのために練習から干したり、学生選抜軍への参加を取りやめさせたりして、精神的な極限状態を作り、選手自身に「そのプレーをやらせてください」と言わせたのでしょう。

 性格を残虐に、苛烈にするために、非道なことをあえてやらせるという方法は知られています。
 昔、中核派と革マル派が内ゲバで殺し合いをし、鉄パイプで対立セクトの幹部を互いに撲殺し合っていた時期がありました。
 このことは、私の高校の東洋史のT先生が革マル派の幹部で、中核派に襲撃され、危うく一名を落としかける事件があったので、よく覚えています。
 
 セクトは襲撃を実行する活動家を選び、彼が躊躇しないように訓練したそうです。
 その訓練とは、野良犬を杭かなにかにロープでつなぎ、鉄パイプで撲殺させていたそうです。つまり良心や同情心を捨てさせ、非常で苛烈な殺人者にするために、非常識で残虐な行動をあえて行わせ、対立セクト幹部襲撃時の性格を変えさせたわけです。

 今回の日大ラフプレー事件はまさにこれだと思います。

 私は13年アメフトをプレーしましたが、そういう選手はいました。彼は「フットボールの一番の楽しみは、対面の選手を痛めつけることだ」と常々口にしていました。そして彼は良いディフェンス選手でした。
 一般にアウトサイドのパスラッシャーにはそういう選手が向いていて、またそういう選手が多いように思います。

 フットボールは勝つためにやるのですが、選手一人ひとりにはそれとは別の、内なる欲望があります。
 彼のように、相手を痛めつけ、サディズムを満足させたい選手、ただ体をぶつけ合うのが好きな選手、カッコイイプレーをして賞賛されたい選手、いい所を見せて、ガールフレンドにアピールしたい選手etc、etc・・・
 これをインナーフットボールといいます。「勝つ」という目的を達成するために、インナーフットボールを押さえつけるのが「勝つ」近道でしょうか。
 
 実は違うのです。「勝つ」ために「インナーフットボール、彼の内なる欲望」を満足させるように起用し、インナーフットボールをフットボールの至上の目的であり、唯一の目的である「勝利」に結実させることが近道です。
 同時にインナーフットボールを上手くコントロールし、勝つために集約できるのが優秀な監督であり、キャプテンなのです。
 
※このへんが会社経営とソックリでしょ。私は伯鳳会グループをこのようにしてマネジメントしています。

 ポジションによって、非情性、残虐性がプレーに利することがあります。
 例えば格闘技。
 私は柔道は楽しかったし、6年間行いましたが、空手や拳法をやろうとは一度も思いませんでした。いくらスポーツでも、相手の顔を殴ったり、蹴ったりはできないので。

 しかし、そういう事ができる人が空手や拳法の選手になり、喜びを持ってやれる選手が優秀な選手になるのです。

 数年前の大晦日に、総合格闘技の地上波生中継がありました。メインイベントに出場した青木選手(関節技の名手)は試合のかなり前から相手選手と挑発合戦をしていました。
 試合は熱戦となり、青木選手が相手選手の腕をキメ、ギブアップがないまま、青木選手が相手の上腕骨を折り、試合は決着しました。

 試合後は少々炎上し、インタビュアーが「相手の腕を折りに行きましたか?」と非難する口調で質問しました。
 青木選手は平然と「自分はどの試合でも相手の骨を折りに行ってます」と言いました。
 普段から総合格闘技を見慣れているファンは「青木は地上波向けじゃないからなぁ」と話していました(流石にその後は「総合」の地上波は中継はなくなりました)。

 私はスポーツで相手の腕を折りに行くことなどとてもできませんが、平然とそれを行う選手がいて、それを見に行くファンがいるという事です。

 相手の骨をいつも折りに行く選手が総合格闘技では良い選手になれるわけです。

 なんとなく分かっていただけたでしょうか。
 #91はアウトサイドのパスラッシャーとしては非情さに、狂気に欠けていると首脳陣には写り、これを克服させる為に極端なプレーを命じたのでしょう。

 しかし大きく間違っていたことが二つあったと思います。

1.ルールを逸脱したプレーを求めた

2.自軍の選手の成長のため、同じフットボール選手である対戦相手の選手をモノのように扱い、怪我をさせることを求めた

 日大首脳部はフットボールというスポーツに対する大局観が欠けており、同時に人間としての情愛や同情心、良心が大きく欠如していたと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

UMA
2018年05月23日 22:42
アメフト部の問題から、日大の危機管理能力の無さに世間やマスコミの関心が移っているように感じます。
星めぐり
2018年05月24日 06:46
おはようございます。
朝一番からずっとニュースが流れています。
日大の選手もまだ20才と言いますが、もう成人してる訳です。どう考えても、悪いことと知りながら悩み苦しんでも行うことが、往々にして行われているのでしょうか。
選手達を巻き込んだスポーツ界の不祥事が続いていますね。
先生の書かれていることで、何が行われているのか理解出来ました。最後の文面がよく物語っていると思います。
将来ある若者を潰しているのは、いい年をした大人なんです。本当に恥ずかしいことですね。



ベンプレ親父
2018年05月24日 21:45
UMA様、星めぐり様、コメント有難うございます。

フットボールで勝つために、体力を向上させたり、技術を向上させるだけでは足らず、性格まで変えてしまう必要があるというのが日大アメフトの基本姿勢でしょう。

スポーツを通じて自信がつき、闘争心が湧き、克己心が培われ、他の人間に対する尊敬が生まれ、人格が向上する事が期待されています。

しかし、人間の持つサディズム、残虐性を増幅させ、反社会的行為を助長する教育がなされているとなると問題です。
スポーツは全て闘争の変形ですから、一歩間違うと深い闇が横たわっているのです。

スポーツは突き詰めていくと諸刃の剣になります。それはアメフトに限った事ではなく、競技スポーツに付きまとう最大の課題だと思います。
左上の5番と6番
2018年05月26日 09:25
井上コーチや内田監督は当然として、日大の大塚学長や田中理事長まで世間に晒され、責められる必要があるのでしょうか…
コトが起きると瞬く間に社会全体隅々にまで、拡散してしまうおそろしさを感じます。(しかも、必要の無い個人情報まで)
社会全体が、強い者を叩くネタを求めて徘徊しているような印象を受けました。

ベンプレ親父
2018年05月27日 21:30
左上の5番と6番様、コメント有難うございます。

全く同感です。批判は常に知性をもって成されるべきですね。
土地ナンバー
2018年05月29日 23:16
「経営レベルでは知らなかった…」
官民問わず、組織TOPの姿勢がコレ。

仮に現場を知らなくても、社会的責任は免れない。
逃げ回っているから、個人情報が晒され、社会から村八分にされ交易から排除される。
昔から、人類の本性に基づく効果的な制裁の方法だと思う。
ベンプレ親父
2018年05月30日 06:44
土地ナンバー様、コメント有難うございます。

私はあなたの意見には組みしません。「個人情報が晒され、村八分にされる」事は肯定できません。
日本国憲法に三大理念の一つが基本的人権の尊重です。

この記事へのトラックバック