116.1kg 世界ベンチプレス大会成田開催決定 !!&WCセネガルとドロー !!

画像

 昨日は成田でした。
 IPF(International Powerlifting Federation)技術委員長のハニー・スミス氏(名前はハニーですが145kgの巨漢)が来日し、JPA(日本パワーリフティング協会)が2019世界ベンチプレス選手権の会場に予定しているマロウドインターナショナルホテル成田(上の写真)の視察にこられ、JPA関係者、旅行代理店関係者、合計8名で会場の案内、大会の打ち合わせを行いました。

 大会日程、設営、バンケットなどいくつか指示はありましたが、概ね大丈夫とのことで、我々は胸をなで下ろしました。
 「大会、宿泊、バンケットが一箇所で出来、国際空港からも近いのはありがたい」とのお言葉。

 スミス氏はその場でガストン・パラージIPF会長に会場、レストラン、宿泊室の写真を送り、"Very Good"の返信をもらいました。

 これで2019世界ベンチプレス選手権は成田開催で決定です。これからが大変ですが、楽しみでもありますぞ。選手の皆さん、頑張ってくださいね。

 なお、スミス氏との会議で、JPAから"Kingdom of Benchpress Aword"という特別賞を出すことを認めてもらいました。
 この賞はギア、ノーギアのサブジュニア、ジュニア、オープン、マスターズ全カテゴリーの団体戦総点数を集計し、上位3カ国を表彰しようというものです。ベンプレ親父のアイデアですが、面白いでしょ?

 スミス氏から「ヘビー級のセンター補助は大丈夫か?」との質問も。
 「三土手大介氏(世界パワー、世界ベンチ、ワールドゲームスに何度も勝った、日本のヘビー級が誇るレジェンド)を予定しています」というと、「それは素晴らしい」と喜んでおられました。

 フッフッフ。ベンプレ親父は手回し良く、先日の全日本パワーで三土手氏にお願いしておきました。Good Jobでしょw

 なお大会で使用するベンチ台はエレイコが指定されました。アップ場は5~6台のベンチ台を揃えよとの指示ですが、全て国産のBullで行きます。選手の皆様、ご承知おきを。

 さあ、舞台の準備は始まりましたぞ。選手の皆さん頑張ってくださいね。

 競技スポーツが数ある中、日本が世界最強の競技力を誇るスポーツこそベンチプレスです。
 JPA登録選手の競技人口は3000人ほどですが、スポーツジムに通う人、特に男の子でベンチプレスをやらない人はいません。
 ジムで友達になったら、あいさつは「ところでキミ、ベンチ何キロあがる?」ですよ、男なら。
 ジム内のヒエラルキーはベンチプレスの強い順になることが暗黙の了解です。
 そして強いヤツの中から、どこまで通用するか試してやろうと考える男(女)が選手になります。

 全国数千万人のトレーニーの頂点に立つのがベンチプレッサーです。

 世界10億人のトレーニーの中から2019年の世界一の男(女)を決めるのが世界ベンチプレス選手権成田大会です(だんだん一方的な思い込み展開になってきた?)。

 パワースポーツは日本人は苦手と思われていました。スキル系のスポーツでなければ結果が出せないと考えられていました。特に上半身の力が弱く、押す力が弱いと言われてきました。

 しかし究極のパワースポーツ、スキル無用のスポーツ、上半身の押す力だけを単純に競う、ベンチプレスで日本は現在世界最強です。
 こんな痛快なことがあるでしょうか。

 2019世界ベンチプレス選手権のキャッチコピーは「世界最強を証明せよ !!」になりました。ワクワクします。
 
 2019年5月18日から・・・It’s Show Time !!

 大会はテクニカルミーティングを含めると5月17日~25日の9日間に及ぶ長丁場です。
 選手は1000人に及ぶと思われ、競技だけでも8日間はかかります。

 選手と役員だけでは国際大会はできません。
 国際審判員、スポッター、コンピューターマン、その他の事務系作業、音響、舞台設営、コーヒー・軽食提供、送迎、広告、Tシャツ販売員、etc、etc・・・

 たくさんの業者の皆様、ボランティアの皆様の御助力が必要です。近日中に2019世界ベンチプレス選手権のホームページを立ち上げますので、よろしくお願いします。

 スポンサーになっていただける方、大会に出店していただける業者様も宜しくお願い申し上げます。

 既にフジテレビから取材の申し込みが来ていますが、マスコミ告知も頑張らないと。
画像

 ワールドカップ・ロシア大会、グループリーグ二戦目のvsセネガルは2-2の引き分けになりました。
 Hグループで最強と思われるセネガルから勝ち点1をもぎ取ったのは大いに評価できます。
 ホンネをいうと、勝てる試合だったけどw

 本田の二点目はもちろん立派ですが、その前でGKを巻き込んでの潰れ役を演じた岡崎もすごかったですね。
 あれがプロの仕事です。

 次戦のvsポーランドも頑張ってくださいね。レバンドフスキーを無力化できれば日本の勝ち、それに失敗すればポーランドの勝ちでしょう。

 WC開始前はボロクソに言われていたサムライブルーが、3戦目を前にしてここまで期待されるチームになるとは、正直思いもしませんでした。
 
 今はサポーターは応援するのみです !! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック