116.9kg ロシアWC、日本初戦のvsコロンビアに勝利 !!

画像

 昨夜はワールドカップ・グループリーグの日本の初戦が行われました。
 ご存知のように日本は2-1で勝利を掴みとりました !!
 おめでとう御座います !!

 今回のWCでは日本のFIFAランキングは61位と低迷、先日パラグアイに勝つまでは、昨年10月、ニュージーランドに勝ったのを最後に、Aマッチは8ヶ月間無勝利、ハリル監督は更迭と最悪の状態でした。

 前回のブラジルWCではコンビニの本棚にWC関連本が何冊も並び、どれを買おうか迷うほどでしたが、今回は一冊も見当たりません。
 ウルトラスは別として、日本のサポーターにも諦めムードが蔓延していました。

 おまけにグループリーグ初戦は前回のブラジルWCで1-4とボロ負けしたコロンビア。さらに前回は負傷で出場できなかったコロンビアの点取り屋、ファルカオも出場。

 まあその、勝てる、引き分けられると思う方がヘンですよね。

 ベンプレ親父は今回のWCグループリーグは3戦全敗、得失点差はマイナス10点(0-10か1-11)を予想していました。

 試合が近づくにつれて気持ちは暗くなります。過去のWCは試合が近づくにつれて楽しみになっいてたのに。
 一昨日夜からため息ばかりついており、昨日昼、ベンプレ妻と昼食をとっている時に「とうとうこの日が来ちゃった。永遠に来なければよかったのに」と言いますと、妻に「そんなにつらいなら、今日はサッカー、見ないほうがいいよ」と言われる始末。

 夜が更けるに連れ、キックオフが近づくにつれ、雨足も強まり「涙雨も号泣か・・・」と。

 しかし・・・しかし・・・日本は勝ちました !!

 試合内容については素人の私が語っても仕方がないです。
 でも良かったですね。

 大迫はJAPANのユニを着た試合の中では過去最高の出来でした。
 香川の積極性も光りました。試合開始直後の大迫への香川の縦パス、後詰のシュートがこの試合のハイライトでした。
 原口はよく走りました。私は武藤の方が対人に強く良いと思っていましたが、原口のスタミナと献身は日本を奮い立たせました。
 柴崎は上手く球を散らして、攻撃の起点になりました。

 一番良い意味で期待を裏切ったのは昌子。パラグアイ戦の植田とのアントラーズコンビの守備は大変良かったのですが、昌子を使うなら植田と組ませないとダメだと思っていましたら、吉田とのコンビは最高でした。

 吉田はいつになってもチョンボ癖が消えないし、槙野は入れ込みすぎてファウルを犯すので、やばいな~と思っていました。

 もしかするとCB先発は植田&昌子かもと思っていましたが、吉田&昌子は素晴らしく機能しました。
 CBが強い時は日本はグループリーグを突破します。これはイケるかも。

 長谷部、乾、酒井宏樹、長友は期待通り。長友は今回もエースキラーの役目を全うしました。
 川島は頑張ろう !!

 岡崎は充分走れるコンディションで安心しました。本田も良いCKを蹴りました。蛍も大丈夫。

 もうずっと以前から、評論家、識者はvsコロンビア戦に悲観的でしたが、元日本代表監督のザッケローニ氏だけは違う見方でした。
 ザックは日本のコンディション、実力よりもコロンビアに注目し、「コロンビアは4年前の方が強かった。ハメスはかつての力はない。日本は十分に勝つチャンスがある」と予想していました。
 本当にそのとおりでしたね。

 後半戦の日本の攻撃は縦パスも入る積極的な展開でしたね。これはハリル前監督の遺産でしょう。この点も良かったです。

 その後行われたセネガルvsポーランドは、こちらも予想に反してセネガルが勝ったようです。寸評を見ると、スピードで上回るセネガルの実力勝ちだった様ですね。
 この試合は深夜キックオフだったので、生では見ておらず、録画してあります。
 今夜仕事が済んだらジックリ観戦し、次戦のセネガル戦の対策を練らなければ。

 ベンプレ親父が作戦を練ってどうするのか?
 いや、これもサッカーの大きな楽しみですよw

 ドーハの悲劇から早くも25年。サムライブルーは日本の誇りです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック