晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 115.2kg VITAVOX BASS BINのチャンデバを是枝式・新型に取り替えました(中編)

<<   作成日時 : 2018/07/14 12:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (グレーのケーブルは各チャンデバに電源を供給するケーブル。金メッキジャックが入力側、錫メッキジャックが出力側です。)

 今回のチャンデバはモジュール式なので、将来BASS BINのユニット構成が変わったり、別なスピーカーにチャンデバを使う時には自由度が高いと思います。まあ、予定はないけれど。

 チャンデバのアンプ部はアルミの鏡面仕上げですが、Fascination-LLAAのようなアルミブロック削り出しではなくパネルです(削り出しではフトコロ具合が・・・)。
 それでもナカナカのデザインですね。カッコイイと思います。
 
 電源部とアンプ部は写真のように近づけて使用するわけではありません。電源供給ケーブルは1.5mほどありますので、多少離して使いましょう。

 ベンプレ亭書斎のオーディオの配置では、プリアンプとパワーアンプ群の間が9m位あります。このどこかにチャンデバを入れるわけですが、是枝さんの話では、LLAAプリと、このチャンデバを使う場合はプリアンプとチャンデバの間を伸ばしたほうが良いとか。
 新型チャンデバは従来と同じ位置に置き、LLAAプリとチャンデバ間を5m、新型チャンデバとパワーアンプ間を4mとしました。

 チャンデバとパワーアンプの間は従来のケーブル(英バイタルのマイクケーブルとスイッチクラフトの金メッキRCAプラグ)を流用しますが、LLAAプリから新型チャンデバへのケーブルが8本必要なので、2本は現用品を使うとしても6本は作らないといけません。

 またバイタルのケーブルを30m(5m×LR2本×3way)買わんとあかんなー。
WE13aシステムのマッキンC40プリから自作3Dフィルターアンプの間のラインケーブルも今は簡易品なので、バイタルもう10m、合計40mいるなー。
 長さが足らんと困るから50m買わんとなー。
 スイッチクラフトの金メッキプラグも合計16個買わなあかんなー。
 ハンダ失敗するかもわからんから18個は買わんとなー。
 失敗せんかったら2個だけ残っても困るから20個買うたろかー。
 全部買ったら結構な値段やなー。
 と思っていましたら、是枝さんの推奨コード、プラグは激安品でした。

 まずケーブルはフジクラの1.5D-QEV、外径2.9mmの細いやつ。これは118円/mで、リール巻で買うと75円/mしかしません。
 RCAプラグもスイッチクラフトではありますが、無メッキで一番小さな3501MX、130円/個です。いつも使う金メッキプラグ、3502AAUの1/3の値段です。

 1mのRCAケーブルなら1本335円で完成の激安品、ホームセンター仕様以下の価格ですね。
最近は1mRCAケーブル1本100万円超なんてのもあるご時世に、大丈夫?

 お店(オーディオマエストロ)でケーブル(1.5D-QEV)とプラグ(3501MX)の型番を聞いて帰ったのですが、どうも半信半疑。翌日電話で型番を確認し、理屈も聞きましたが、コレが一番良いとの話です。

 安く済めば結構な事だし、ダメでも被害は少ないので、言われた通りのパーツで自作することにしました。
画像

 これで良いらしいです。ケーブル末端にはLRが分かるように熱収縮チューブを被せました。
 全部で10本作りましたが、一本だけショートさせてしまい、コードを作り直しました。こんな時もパーツ代が安いと助かりますw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
115.2kg VITAVOX BASS BINのチャンデバを是枝式・新型に取り替えました(中編) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる