晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 114.4kg ロンドンウエスタン・システムの高域をまた変更

<<   作成日時 : 2018/07/24 15:07   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (ロンドンウエスタン・システムの高域をJBL・LE175+フォステクスT500AmkUに変更しました)

 昨日防災訓練でヘトヘトになったのに、帰りにポテチを袋ごと完食し、高速道路のサービスエリアでソフトクリームを食べたおかげで、体重がリバウンドしたベンプレ親父です。

 さて、つい先日、ロンドンウエスタンの高域をDECCAロンドンリボンに交換したのですが、大得意の過大入力で片方のユニットをトバしてしまいました。
 過去にWE555、ロンドンウエスタン30150B、アルテック3000Bをトバしてきましたので、こういう事もあろうかと。

 もう少しクロスオーバーを上げるか、他のユニットとパラって小音量で味付け的に鳴らすかしないと、ロンドンリボン一発で爆音は難しいですね。
 まあその、劇場用ユニットと同時に使用するなら、もう少し知恵が要りますな。

 ロンドンリボンは先で治してもらうとして、何か考えないといけませんね、ロンドンウエスタンの高域。
 従来通りフォステクスT500mkUを載せても良いのですが、DECCAロンドンの高域を聴いた後では、もう一味欲しいかなと。

 WE13aシステムの高域に使用して結果の良いJBL・LE175+ウッドホーンを載せてみることにしました。
 これはT500mkUの時より実在感のある音です。ロンドンリボンのような余韻、深みは出ませんが、ジャズやボーカルものはこれでOKです。

 しかしクラシックの時はもう少し甘い感じが出ないかなと考えました。
 ロンドンリボンの経験を経まして、LE175の上に何か超高域用のユニットを載せたらどうかなと。

 手持ちで使えそうなのはT500AmkUの他にラ・スカラのレプリカに使用している同じフォステクスのT900A。それからESSのグレートハイルかな。
 ひとまずT500AmkUとT900Aで実験してみました。

 ネットワークですが、LE175の上は切らず、フォステクスの箔巻フィルムコン1.5μF1個のみを最高域ユニットの前に噛ましました。クロスは13KHz、6db/octになりますね。
 LE175の能率が公称108db、T500AmkUが103db、T900Aが106dbですから超高域のアッテネーターは不要でしょう。
画像

 写真のようにネットワークのターミナルはベンプレ亭書斎に転がっていたスピーカー端子を使用。端子のお尻が触れ合ってショートしないように、熱収縮チューブでカバーしておきました。
 まあその、超簡単仕様ですが、これ以上凝っても仕方がないのでは?
画像

 F特を測ってみました。上からLE175単独、LE175+T500AmkU、LE175+T900Aです。グラフは+T500AmkUが一番滑らかでした。

 バイオリンやボーカル物で試聴しましたが、LE175+T500AmkUの圧勝でした。余韻も深みも華やかさも出ますね。
 T500AmkUとT900Aは見た目はよく似ており、兄弟の様ですが、音はかなり違います。T500AmkUはマグネシウム振動板のせいか、音が静かで情報量が多いですね。

 最近T500AmkUはディスコンになり、市場在庫のみの様ですが、残念です。たぶん金ピカ過ぎたのが売れなかった理由では。コレは黄銅削り出しホーンなので、素材のままの色ですが・・・

 ロンドンウエスタン・システムの高域、しばらくはJBLとフォステクスの混成部隊で行きましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
114.4kg ロンドンウエスタン・システムの高域をまた変更 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる