晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 109.5kg WE13aのツィーターをJBL075フィールド型改造機に変更(前編)

<<   作成日時 : 2018/09/01 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

 (WE13aシステムのツィーターをエレボイT350をJBL075フィールド型改造機に変更しました)

 WE13aシステムのツィーターはJBL LE175+円錐形木製ホーンを使用していたのですが、LE175をロンドンウエスタン・システムに移設しましたので、エレボイT350に戻していました。

 数ヶ月前に試作品を視聴して、完成を待っていたJBL075フィールド型改造機が到着、さっそくT350と取り替えました。
画像

画像

 075改の写真です。075のマグネットをフィールド型に改造していますが、かなりコイルのボリュームがあったようでオリジナルより一回り大きくなっています。
 磁石部の径が多くなったぶん、木製円錐形ホーンをオリジナルのアルミホーンの外側に装着して、ホーンを延長してあります。
画像

画像

画像

画像

 フィールド電源です。タンガーバルブやセレンの様なクラシックな電源ではなく、ダイオード、電解コンデンサー、チョークコイルで整流してあります。

 前面中央に屹立している灯台のようなヤツがパイロットランプです。面白いですね。
 電源を入れないときは電球の頭は黒に見えるのですが、電源を入れると血の色のような茶色味がかった赤、しかも少し濁りのある赤に発色します。このセンスはお見事、脱帽です。

 さて、試聴にはSACDでマイルスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」、ショルティ、ウィーンフィルの「魔笛」、LPはザ・ピーナッツ「ザ・ファースト・ディケイド」、IKE QUEBEC(読み方がわかりません)の「ブルー&センチメンタル」を使いました。

 音は素晴らしいです。075というとキツかったり、うるさかったりし勝ちですが、すごく滑らかでのびのびした音で驚きました。
 試作機もかなり良い音でしたが、もう別次元ですよ。

 クラシックにも素晴らしく会いますし、もちろんジャズは完璧です。 
 我が家のオーディオ評論家に聴いてもらいましたが、「広がりがすごく出るわね」と褒めてもらいました。
画像

 F特です。聴取位置で測定しましたので、軸上から30°ズレており、距離も2.5mですから少し早めにハイが落ちていますが、軸上1mならもっとハイは伸びていると思います。

 正直、WE13aシステム、これで完成したように思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
075フィールド型、ついに導入ですね。
機会があれば、ぜひ視聴させてください。

13Aはこれで仕上がり!
次のターゲットは・・・?
岡山のオーディオ好き
2018/09/02 17:47
岡山のオーディオ好き様、コメント有難うございます。

075フィ−ルド型はクセのない美音で、実態感もあり大変良い音だと思います。
次の機会に是非お聴きくださいませ。
ベンプレ親父
2018/09/02 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
109.5kg WE13aのツィーターをJBL075フィールド型改造機に変更(前編) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる