JBL LE85をロンドンウエスタン・システムに使ってみました(後編)

画像

 (写真はLE85をセットしたロンドンウエスタン・システムです。LE85は175より直径が大きいので、2094Aホーンの下には入りませんでした。ツィーター台は昨年の真空管オーディオフェアで購入したブツです)

 LE85用のパワーアンプは是枝式EL60p.p.にしました。高能率のドライバーには少しゲインが高いので、入力部にATTを入れて少しだけ絞りました。
画像

 出来上がりのF特はこんな感じです。ハイの伸びは大したことはないですね。

 さて肝心の音です。
 LE175よりキツイ音だとの世評があるようですが、キツイとは感じません。カチッとした正確な音です。
 「ツィーターをつけました」という五月蝿さはなく、ロンドンウエスタン2090A+2094Aと上手く溶け合いますね。

 しばらく聴いていますと、セカンドバージン状態からエージングも進んだのか、音がのびのびしてきました。
 得意分野と言われるジャズの再生でも、シンバルなど金物の音がリアルで良いですね。

 JBLのドライバーは、他社のドライバーよりも緻密で正確な音が特徴ですが、ややもすると神経質になったり五月蝿くなったりし勝ちです。
 しかしウッドホーンが効いているのか、JBLの良いところが出ているようです。

 測定するとレンジは狭いのですが、ナチュラルな高域で、かつキッチリしたところもあり、気に入りました。
 しばらくはコレで押してみましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック