フォステクスCW200Dサブウーハーを少し持ち上げました(駄)

 (駄)です。  先日からグッドマンAXIOM22(ベークダンパー)のサブウーハーにフォステクスCW200Dを使用しています。  F特を測ると30Hzのピークが強いので、少し何とかならないかなと考え、CW200Dを10㎝程持ち上げてみました。  端材のスギ集成材が有ったので、これをカットして井桁に組み、墨汁で塗装、AXIO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信原選手、アジアクラシックベンチMⅢ優勝、ベストリフター

 先日ドバイで行われたアジアクラシックベンチにパワーハウス赤穂から日本代表として参加された信原選手がMⅢ83㎏級優勝、ベストリフターを獲得されたことをお伝えしました。  このたび、赤穂民報に取り上げられました。  信原選手は岡山市在住ですが、週2回パワーハウス赤穂に通われて練習を積まれています。  昨年までは岡山県協会所属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AXIOM22の低域をパワード・サブウーハーCW200Dで増強(後編)

 サブウーハーはすぐ決まりました。フォステクスのCW200Dです。  20㎝口径のロングストロークなウーハーが小型の密閉箱に入っており、アンプとローパスフィルターはもちろん内蔵です。信号をスピーカー端子から貰えるのもポイントです。  ひとつ上の機種でCW250Dというのもあるのですが、現在AXIOM22の足に使っているスツールの下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AXIOM22の低域をパワード・サブウーハーCW200Dで増強(前編)

 (AXIOM22後面開放箱を載せているスツールの足の中に、サブウーハーのフォステクスCW200Dを仕込んでみました)  (CW200Dの表面、裏面です。スピーカー端子からも入力できるようになっています)  先日ベル・ハウエルの箱からG.T.K.オーディオの後面開放箱に移設したGoodmans AXIOM22ですが、明瞭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AXIOM22のコーン紙を補修しました

 (左chのAXIOM22のコーン紙を補修したついでに、スピーカーの間隔を広げました)  AXIOM22、良い音で楽しく聴いています。以前にも書きましたが、片チャンネルのユニットはサブコーン紙がカットしてあり、メインのコーン紙も二か所で破れています。  コーン紙の破れは裏側から接着剤で補修してあるためか、音は左右でそろってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodmans AXIOM22をG.T.K.オーディオ砂入り後面開放箱に装着(後編)

 G.T.K.オーディオ製砂入り後面開放箱の裏側です。底板がありませんでしたので、スツールに乗せられるように自作しました。配線はまだしていませんが、こんな感じです。  上のグラフは後面開放箱+AXIOM22+3000H、下のグラフはベル・ハウエル箱+AXIOM22+3000Hです。  かなりF得は異なりますね。後面開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodmans AXIOM22をG.T.K.オーディオ砂入り後面開放箱に装着(中編)

 写真はベル・ハウエルの箱から取り外したAXIOM22です。ベークライトダンパーですね。    コーン紙です。ダブルコーンですが、元は一本ずつ集めたものだと思われ、販売されていた時期が異なるのでは。と言いますのも、片方のサブコーンの周辺が切り取られ、もう一つのサブコーンとサイズが合わせてあるのです。  そちら側のユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodmans AXIOM22をG.T.K.オーディオ砂入り後面開放箱に装着(前編)

 (AXIOM22のエンクロージャーをG.T.K.オーディオ製の砂入り後面開放箱にしてみました)  グッドマンAXIOM22のベークライトダンパーモデルを英国ベル・ハウエルの移動映画館用小型エンクロージャーに入れて聴いています。  小型の箱ですが、低域は60Hzまでフラット、-10dbポイントが30Hzと驚くほどのワイドレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琴奨菊関、琴真鍋さんが大阪暁明館病院に慰問に

 火曜日に琴奨菊関と琴真鍋さんが大阪暁明館病院閉門に来てくださいました。  写真はインマニエルホールで行ったトークショー。  琴真鍋の相撲甚句で盛り上がったところです。  1Fだけで100人はお客様が来てくださいました。2階から覗いておられる方も。  病棟を4病棟と、薬局へは訪問してくださいました。  薬剤師さん一同と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本ベンチプレス選手権でした&世界ベンチの広告募集

 昨日、一昨日と全日本ベンチプレス選手権が新潟県南魚沼市で開催されました。  ベンプレ親父も役員、審判でお手伝いをしてまいりました。  全日本ベンチの大会ポスターです。メインキャラクターは南魚沼市の誇るベテランベンチプレッサー、中澤久美子選手。  彼女はなんども世界マスターズベンチプレス選手権に勝っている名選手&名物選手で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉医療機構(WAM)に融資をお願いに行きました

 今は新潟県の六日町のホテルでコレを書いています。明日から全日本ベンチプレス選手権で、役員、審判に入りますから。  今日は夕方に六日町について、パワーリフティング関係の会議を二本こなしました。  さて、今日の午前中は東京で久しぶりの大一番でした。  ベンプレ親父が2年余り前から理事長をしている江東区の社会福祉法人あそか会の特養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL2405、ロンドンウエスタンのツィーターにどうでしょう?

 (JBL2405をロンドンウエスタン・システムに使ってみました。2094ホーンの下に収めています)  VITAVOX BASS BINのツィーターはゴトーSG‐17S、WE13aはJBL075励磁改造型で迷うところがないのですが、ロンドンウエスタンのツィーターになかなか決定版がありません。  先日からJBL LE85+ウッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トーレンスTD124mkⅠ、ようやく本調子に

 (写真はG.T.K.オーディオの砂入りアームベースに取り付けたトーレンス]TD124mkⅠ。アームはデンオンDA305、針はDL103Rです。アームボードはベンプレ親父の自作品ですw)  半年ほど前にG.T.K.オーディオで入手し、7月に銚子グレイで調整してもらったトーレンスTD124mkⅠですが、最近ようやく調子が出てきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カートリッジのシェルリード線は音が随分変わります

 (写真右のSPU Royal Nに今回購入したアナログリラックスの大吟醸スタンダード・シェルリード線を装着。左のベンツマイクロACE SHにはこれまでSPUにつけていた、昨年購入のKs‐Remastaのシェルリード線を装着しました。目打ちと先の曲がった先細小型のペンチがリード線の交換には必須ですね)  10月7日に秋葉原の損…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018真空管オーディオフェアでLPの面白いお話を聴きました

 昨年の真空管オーディオフェアは丸一日遊ばせていただきましたが、今年は午後から学会に行かねばならなかったので、3時間しか見学できませんでした。  日ごろからお付き合いのあるWE13aスタジオとG.T.K.オーディオのブースを中心に回りました。  WE13aスタジオではワンホーンによるステレオ再生を聴かせてもらいました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週木曜から今日まで、バタバタでしたw

 木曜日は病院の人事考課などを聞きに、静岡から病院見学に来られたお客様があり、午後いっぱいお相手させていただきました。  金曜日は夜明け前にジムワークを済ませ、朝一でベンプレ妻と一緒に東京へ向かいました。あそか会の六華園であそか会と東京伯鳳会の報告、相談、決済を片付けた後、都庁へ。  墨田区に建築予定(来夏着工予定)の社会福祉法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信原選手アジアマスターズベンチ、藤井選手国体優勝 !!

 秋も深まってきました。私がお手伝いする今年のパワーリフティングの大会も、来週末の全日本ベンチ(新潟県)、11月の全日本マスターズパワー(明石市、パワーフラッシュアリーナ)、12月の赤穂忠臣蔵パワー&ベンチ(パワーハウス赤穂)の3試合を残すのみとなりました。  このところパワーハウス赤穂の選手の活躍が目覚ましいです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPUの再生、元のピアレス4722+マランツPH-1に戻しました…

   (写真はまたもやデッチ上げたフォノケーブルでピアレス4722に繋いだSPUのシステム。フォノケーブル、こんどはアンバランスで作りました。手前のRCA70C-1の背面から出て、DENON DN308Fの上のピアレス4722に繋いである赤、白、アース線のケーブルがソレです。) 先日ソウルノートE-1フォノイコをGetし、SPU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランス型フォノケーブルを自作しました(後編)

 (自作ケーブルの参考にさせてもらった配線図と写真です。ネットに上げられていたものですが、不都合があればご連絡ください) ソウルノートE-1のXLRジャックのピン配置はヨーロッパ型にしてあるそうで、1番GND、2番COLD、3番HOTです。アメリカ型(日本は普通はコッチ)とは2番と3番が逆なので、アメリカ型のピン配置でコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランス型フォノケーブルを自作しました(前編)

 (今回自作したバランス型フォノケーブルです。長さは2.5mと市販のものより1m~1.3m長くしてあります)  先ほどソウルノートのE-1フォノイコライザーを入手したことを書きました。従来使用していたマランツPH-1もナカナカの美音で満足していますが、このPEQにはバランス入力端子があるので巷で流行しているフォノカートリッジの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOUL NOTEソウルノートE-1フォノイコライザーをGet !!(後編)

 (E-1フォノイコをラックに収めました。マッキンのC40の上にあるのがE-1です。 脚は3点支持のスパイクですが、C40の天板は強度不足のため、黒檀(?)のスパイク受けを挟んでいます)  E-1はRCA70C-1タンテで使用しているSPU Royal Nに使用する予定で購入しました。ベンツマイクロACE SHには先日トライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOUL NOTEソウルノートE-1フォノイコライザーをGet !!(前編)

 (写真は9月30日、台風24号の吹き荒れる中、佐川急便様が届けてくれたソウルノートのフォノイコ、E-1です。有難う御座いました。  たしかに日曜が指定配達日ではありましたが、こんな嵐の中を届けていただけるとは…  日本のサービス業はまだまだ健在ですね。私も頑張ります。でも、その、そこまで無理しないでもよかったのに。あらためて有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more