晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS EMT(Haufe) T890 MCトランスをGet !!(前編)

<<   作成日時 : 2018/11/21 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (GetしたT890MCトランスです。奥のピアレス15095と比べると一回り小さいトランスですね。もちろん中古ですが、マイペットで拭くとキレイになりましたw)

 ベンプレ亭書斎のモノラルLP用カートリッジはEMT OFD25でイク事になりました。この針は出力1.15mv、インピーダンス37Ωです。
画像

 現在、アルテック・ピアレス15095を咬ませて、マッキンC40のフォノイコを通して再生しています。
 15095は入力インピーダンス150Ω、出力インピーダンス15KΩの10倍昇圧で使用して良い感じです。
 
 昇圧比は3倍もあれば十分と思いますが、以前入力インピーダンス150Ωと600Ω(15095は150Ωと600Ωのタップが出ています)の聴き比べをインピーダンス240Ω、出力3mvのデンオンDL102でやった事があります。

 10倍昇圧の150Ωより5倍の600Ωの方が昇圧比も良いし、ロー出しハイ受けの原則にも合うので良いかと思いましたが、10倍昇圧の方が元気があって良かったです。
 ですから、インピーダンス37Ω、1.15mvのOFD25なら当然10倍昇圧の150Ωで良いわけです。

 これで充分良い音だと思いますが、EMTのトランスを使ったらどうなるかな?と思うのが人情じゃないですか。

 ネット情報ではEMTは自社ブランドではトランスは巻いておらず、Haufe社のT890を使用しています。
 このトランスは入力の直流抵抗9Ω、出力の直流抵抗が900Ωで、10倍の昇圧比ですね。
 ただ、直流抵抗値は入力・出力インピーダンスとは違うのでは?スピーカーなんかもそうですよね。
 インピーダンス40Ω以下の針をつないで、35kΩ以上の入力インピーダンスのフォノイコで受けろという事ですので、インピーダンス37ΩのOFD25をつないで、普通のMM用フォノイコ、インピーダンス47kΩで受ければよさそうですな。

 T890はピアレス15095や4722の様な、ライントランス、マイクトランスの流用ではなく、最初からMC昇圧用として作られたようです。
画像

 到着したトランスにはトランスのパススイッチがあります。なぜかアースターミナルがありません。
 見た感じ、素人のケーシングではなく、ショップ・ブランドのブツでは?入出力ジャックのIN、OUT、L、Rの表記が印刷の様なので。
 
 アームコードのアースはどこに繋ぐのか販売店に尋ねると、「アームコードのアース線を直接フォノイコにつなげ」との事です。
 なんかヘンな気がするんですか、大丈夫かな???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EMT(Haufe) T890 MCトランスをGet !!(前編) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる