EMT(Haufe) T890 MCトランスをGet !!(後編)

画像

 トランスケースの裏蓋をあけてみました。パス・スイッチを殺してやろうと思ったのですが、トランスからの引き出し線が細いし、どの線がどこにつながっているのか分かりません。
 スイッチは見た感じ高級そうなので、そのままにする事にしました。

 裏蓋を閉めて、RCAプラグ類をつなぎました。このままではハムが出るので、販売店の言うとおりにアームコードのアース線を延長してフォノイコのアースターミナルに直接落としますと、ハムは消えました。

 ちょっと聴きましたが、音は良さそうです。ただ、MCトランスをパスしてアームコードのアース線をフォノイコのアースに落とすのはヘンな気がします。
 裏蓋を再度開けてみますと、RCAジャックのマイナスは、入力側のRCAジャックを止めるネジのうち、Lch側のネジにまとめて落としてありました。
画像

 という事で、このネジにワニ口クリップを付けた短いコードをYラグ端子で留め、ワニ口にアームのアース線を咬ませますと、更にハムのレベルが下がって、ほぼ皆無に。これが正解ですな。

 再度モノLPを聴きなおしました。LPは昨日、取材で使ったコルトレーン「マイ・フェイバリット・シングス」、スピーカーはオイロダインです。
 15095を凌ぐワイルドな音、パワフルな音で驚きました。

 15095で聴くOFD25はエラク強靭な音なので、EMTが自社製品に使っているT890はもう少しマイルドな音かと思いましたが、まるで反対でした。
 なんでも、EMT社はこのトランスの入力側に33μFのタンタルコンデンサーを入れ、出力側に26-27kΩの抵抗を並列に入れて調音してある様です。
 補正無しのナマのT890は、元気で硬めの音ですな。

 なお、T890には二種類あるようです。胴体が少し長めの少し大きいヤツと短い丸っこい小さいヤツです。
 ベンプレ親父がGetしたのは長い方ですが、たぶんこちらの方が古いタイプだと思います。

 ネットを見ていますと、EMTとだけケースに書かれており、それ以上の型番の無いやつは長いトランスをケースの中で寝かせて使っており、STX-20の型番のあるヤツは短いトランスを立てて使っています。
 二つを見比べますと、型番なしのEMTトランスの方が古いように思えます。
 なお、どちらにもタンタルコンと抵抗は入っていますね。

 さて、これでEMT OFD25のMCトランスも落ち着くのでは。

 ※この記事を書くのに、諸先輩方のブログを参考にさせていただきました。有難う御座いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック