Revox A77mkⅣ導入記(その3.)

画像

画像

 (上が電源オン、下がオフです。ライトが灯るので電源は入っていますな。プッシュボタンを押すと左右のシャフトも回転しますので、e-bayの説明通り完動品かも?)
 そういうわけで、e-bayにてRevox A77mkⅣを落札しました。
 mkⅡも同時に出品されており、こちらの方が音が良いとも聞きます。大いに迷いましたが、新しい方が安心かなと思いmkⅣをbit。
 実際はmkⅣでも40年以上前のブツですから、ⅡもⅣも古さ加減では50歩100歩でしょうな。

 色合いはmkⅣがカッコイイかな。
 mkⅡのシルバーパネルも良いと思いますが、mkⅢ、Ⅳ、A77後継機のB77は全てブルーグレイのパネルです。A77、B77というとこのブルーグレイがお約束みたいな気がします。 
 ベンプレ親父がオーディオを始めたころは既にB77でしたから、ルボックスと言えばこのブルーグレイという刷り込みがあるんでしょうなw

 商品到着までにテープカッター、リードテープ、ヘッドクリーナー、キャプスタンクリーナー、ドラフトテープ、消磁機などの推薦品を先輩に教えてもらい、買い揃えました。
 
 それから、なによりも4Tr.のプリレコーデッドテープが無いといけません。今はインターネットがあるので、何とかなります。
画像

 ネットで買い込んだ7号リールの4Tr19テープ、1ダースです。
 上手く鳴りますかな?

 とういわけでA77到着を長くして待っていました。
 良くしたもので、12月24日クリスマスイブのpm5:00にベンプレ亭にA77が届けられました。なんかタイミングよすぎですね、クリプレですか?
 
 さて、実はここでRevox A77導入記は中断です。
リールクランパーを用意しなければいけませんし、ACコードも何とかしないといけません。
 使い方もわからないし、調子も見てもらわないといけないでしょうから、SさんにA77の相談に乗ってもらうつもりです。

 1月末には続・Revox A77導入記を書けると良いですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック