Revox A77完動でした !!&NAGRA Ⅳsお借りしました

画像

画像

 昨日、e-bayでgetしたルボックスA77を携えて、テープデッキに詳しいSさん宅にお邪魔し、具合を見てもらいました。
 幸いベンプレ亭書斎に入ったA77は完動品だそうで、アジマス調整をしていただき稼働OKになりました。

 写真のように、7号リールの市販4Tr19㎝テープを聴いています。A77のこけら落としはメータ、ロス・フィルのブルックナー4番、DECCAものです。

 低域の安定性はテープならではですし、弦楽のユニゾンの滑らかさもテープに一日の長がありそうです。
 ドルビーものではないのでテープヒスはありますが、聴き始めれば気にならないレベルですね。
 無事に動作し、良い音が聴けて嬉しいです。一足早いお年玉になりましたな。
画像

 実はSさんのお宅による前にテレコマニアのUさんのお宅により、テレフンケンマグネットホーン15という超ド級テレコとNAGRAの高級機を聴かせてもらいました。
 切れ味のテレフンケン、自然さのナグラという感じでした。

 写真のナグラⅣsとミュージックテープを貸してもらいました。この機種は2Tr19㎝という少し変わった規格なので、ミュージックテープも少なく、貴重なものです。
 写真はマーラーの復活を演奏中のナグラⅣs。

 やはり4Trと2Trの違いか、テープヒスはナグラが少ないです。音はルボックスも負けていないと思いました。

 昨日はそのまま6人でオーディオ忘年会に突入、今日はSさんが我が家に来られ、ベンプレ亭書斎の音を聴いて、デッキの使い方をご教授してくださいました。

 あるブツも譲ってもらいましたが、その話は後日書きますね。
画像

 ルボックスA77とナグラⅣsです。機械としての魅力はナグラですが、A77もナカナカ味のあるデザインですね。

 S様、U様、有難う御座いました。それから次の悪事に向けてテープを用意して頂いたY様、有難う御座いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック