レコードスタビライザーのプチ改造(駄中の駄)

画像

 (スタビライザーSTB-MSXの重り6個のうち3個をカーボンの軽量級に変更しました)
 
 先日よりディスクスタビライザーにオヤイデのSTB-MSXを使用しています。これは重量が443gで、従来使用していた山本音響のRSー1の340gより少々重いです。
 レコードの反りをとるならRS-1の重さで充分です。少し重すぎませんかね?

 EMT927stの軸受け、スピンドルシャフト、モーターを見ますと、スタビライザーが少々重くてもビクともしないと思いますが、必要以上の重さは気に入りません。
 EMT927dstに使われているシルクハットのような形のスタビライザーの重さが分かると良いのですが、ネットを少し探してみましたがダメでした。

 そのままネットを見ていますと、STB-MSXは内部の重りを交換して軽量化できる事がわかりました。
 デフォでは真鍮アルミメッキの重り6個が組み込まれていますが、この重りをカーボン製に交換できるようです。これで少々軽量化を図れますね。

 ネットの写真を見ますと、このカーボンの重りは単なるカーボンパイプをちょん切っただけみたいです。
 4個入りが4000円を超えるくらい、6個入りなら6000円弱です。

 こりゃーボッタだよなぁと買い控えていましたが、某通販サイトのポイントが溜まっており、タダで購入できることが分かり、GETしてしまいました。

 うーむ、資本家に手玉に取られるアホな消費者ですなw

 カーボンシャフトの切れ端4個入りを買って、STB-MSXの6個の重りのうち3個をカーボンにしました(真鍮の重りとカーボンの重りを一つおきに交互にセット)。
 これで重さは334gとなり、RS-1の340gとほぼ同じですね。レコードの反りを抑えるには過不足ありません。

 音ですか?

 こんなの聴いて違いがわかるほど、ベンプレ親父の耳は優秀じゃないですよー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック