EMT139stのバランス出力の繋ぎ方は?(後編)

 139stのバランス型コネクターはXLRオスなので、是枝プリ用にはXLRメス→RCAプラグのケーブルを自作して繋ぎます。XLRメスは1番、3番、ケース端子をショートして同軸ケーブルの網線に繋ぎ、2番端子を同軸ケーブルの芯線に繋げば良いでしょう。
 マンレイには手持ちのXRLメス→TRSフォンのバランスケーブルを使用してバランスで入れましょう。

 是枝プリ側のXLRメスとマンレイ側のXLRメスに、139stのオスを各々差し替えれば、是枝プリでバスビンとWE13aシステムが、マンレイでロンドンWEシステムが聴けますね。
 XLRジャックを使ってシャーシに組んでも良いのですが、XLR端子はカチッと嵌りグラグラしないので、シャーシに組むまでもないでしょう。

 まずはピンのアサイン確認のためにEMT139stの出力コードのXLRオス端子をバラしてみますと…
画像

 ヘンですね~、1番がコールド、2番がホット、3番がアース(シールド網線)になっています。2番ホット、3番コールドがアメリカ式(その後国際規格)、2番コールド、3番ホットがヨーロッパ式ですが、どちらも1番がアースのはずです。139st出力ケーブルのXLRオス端子は接続が間違っているのでは???

 139stの接続端子のハンダ付けが中古屋さんやアマチュアの工作なら間違っている可能性はあると思います。でもEMTの仕事なら、なにか意味があるのでしょうか。うーん、ヘンですねぇ。

 とりあえず、是枝プリ用のXLRメス→RCAアンバラケーブルは、2番ホット、1番、3番、ケースをショートして網線アースに繋ぎました。
 EMT側のコードでは3番がアースですが、是枝プリ用ケーブルは1番と3番がつながっているので、シールドは出来ていると思います。こちらは問題ない筈。

 マンレイミキサー用のXLRメス→TRSフォンバランスケーブルは問題ですよ。こちらのケーブルは以前に作っていたものですが、1番がアースの網線、2番がホット、3番がコールドの国際規格仕様です。
 これで繋いでも普通に音が出ますし、ノイズが増えるようにも思いませんので、このまま行きます。
でも良いのかなぁ?

 先で是枝さんに尋ねてみて、EMT139stの出力ケーブルのXLR端子オスを普通のヨーロッパ型、1番網線アース、2番ホット、3番コールドに作り直してみましょうかね。
画像

 写真のようにラックの前にEMT139stの出力端子(XLRオス)、是枝プリとマンレイの入力端子(XLRメス)を引き出しておいて、つなぎ替えが簡単にできるようにして聴いています。
 ちゃんと良い音で鳴ってますよ、確かに。

 でもEMT139st出力コードの3番網線シールドアースはやっぱりヘンだと思うんだけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック