SUTUDER C37導入記(その4.最終回)

画像

 (スチューダーC37の上面です。丈夫なはずのハンマートーン塗装も、スイッチの周辺は長年の使用で少し剥げていますね。傷ではなく、摩耗なのが良いです)

 さて今日の午後、C37はホントにホントにベンプレ亭書斎にやってきました。
パワーハウス赤穂(ベンプレ親父の経営するジム)の屈強なコーチ1人を人夫として1日雇用し、書斎搬入時にはもう一人助っ人を呼んで、ベンプレ親父と3人で100㎏を超える(たぶん150kgはあると思います)コンソールデッキを持ち込みました。

 こけら落としはロシアから入手した、レコーデッドテープ、エフゲニー・ムラビンスキー指揮、レニングラードフィル、ショスタコーヴィチの第5交響曲です。
 この録音は1984年のロシアでのライブ録音です。厚みと温かみのある力強い音で、ナカナカ聴き応えがあります。 
 お借りしている編集に重点を置いたデッキのLyrec RB04で聴いても納得できるテープです。ただ、時期的にデジタル収録の可能性はありますね。

 スチューダーのデッキは、人によっては音が冷たいとかクールとか言う人がいますが、C37はそんな事はありませんでした。
 分厚い音で、金管の咆哮や打楽器の皮の震えが良く判ります。
 録音はロシアの放送局だと思われ、それほど凝った録音機材ではないと思うのですが、いかにもムラビンスキー時代のレニングラードフィルらしい男性的な音ですね

 実は、前オーナーのお宅でナグラTオーディオと聴き比べをしたのですが、厚みと温かみはC37の方が出ていました。Tオーディオは精緻でクリアなイメージでした。
 この辺りはテレコアンプの違い(C37は真空管、Tオーディオはトランジスタ)があるのかもしれませんね。

 これからは2Tr38のプリレコーデッドテープを仕入れて、スチューダーC37がどこまで逝くか試してみましょう。楽しそうですね。

 オープンリールは始めたばかりなのですが、ちょっと度を過ぎたデッキを入手してしまいました。
 スチューダーC37の完動品は国内には数台しかないだろうとの事です。
 このデッキが似合う人間になるために、仕事も頑張らないとねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

たぬきふる
2019年02月25日 18:33
ヘッドは再研磨して精密調整済ですので 安心してお使いいただけると思います 何かあれば調整におじゃまいたします~
ベンプレ親父
2019年02月25日 23:16
たぬきふる様、コメント有難う御座います。

何から何までお世話になります。宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック