ベンプレ亭のスチューダーStuder C37、使用時間30,961時間でしたw

画像

 昨日のブログで、「我が家のスチューダーC37はカウンターのベルトが外されていて、使用時間が不明」と書きましたが、前オーナー様に教えていただきました。
 デッキ上面のカウンター(ベルトが外してあります)とは別に、デッキ内部に丸型メーターの使用時間表示カウンターがあるそうです。

 懐中電灯で中を照らしてみますと、デッキの左奥にありました、カウンター !!
 使用時間はなんと30,961時間です !!
 ベンプレ亭書斎に来る前で30,955時間くらいだったのかな?

 イヤ、想像していた以上に良く働いたマシンでした。

 五味康介先生がレコード会社から譲り受けたC37が12,000時間使用でしたから、我が家のC37はその3倍近い稼働時間ですね。

 C37は1960年生産開始、1970年生産終了のデッキです。レコーディングスタジオはA80が出たら次々とC37と置き換えて行ったと思いますので、実働はせいぜい10年でしょう。
 前オーナー、前々オーナーはアマチュアの方でしたから、10年間のスタジオ勤めで3万時間近く使用されたのでは。
 1年に3,000時間、一日10時間かな?

 ちょっと凄いですなぁ。今なら働き方改革で何か言われちゃいそうですよw
 1,2回は録音・再生ヘッドも取り換えられているかもしれませんね。

 デッキのスイッチ回りの塗装が長年手が触れたためでしょう、薄くなって地肌が見えかけています。
 実にカッコイイ、ヤレ方ですね。

 使用3万時間と分かって、ますますC37に愛着がわきました。大事にしてあげないとね。
 実は今日からマスター巻のテープをプレイできるように巻替えるのはルボックスA77mkⅣにさせています。
 年寄りは労わって使いませんと。

 まてよ、A77も1974-77年の生産だから、若くはないのか。

 マニアの方のお宅にお邪魔しますと、テープ巻取り専用のデッキが置いてある事が多かったです。
 「何だかもったいないなぁ」と思っていましたが、(昔の)お姫様のためにはエンヤコラですね。

 修理は必要でしたが、3万時間を超えても余裕綽々の美音を聴かせるスチューダーC37、改めて凄いマシンですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック