スチューダーC37のマニュアルをGet !!&EMTの敷布(駄)

画像

 (GetしたスチューダーC37のマニュアルをC37のVUメーターに立てかけています)

 半年ほど前にスチューダーC37を多くの方のご厚意で手にいれ、以来楽しく聴いています。
 私は機械を触れるウデはないので、ヘッドやピンチローラーの清掃をする程度ですから、本来マニュアルは不要なのですが、C37のソレをネットで見つけ、発作的にGETしてしまいました。

 私が使わなくても、私が死んだ後の次世代のオーナー様が必要になるかもしれませんので、C37とC37のマニュアルをセットで持っているのは良い事でしょう。

 さてスチューダー社とEMT社が一時資本が同一であったことは知っていましたが、EMTはBARCO社の傘下であった時期もあったりして何時から何時までがスチューダー、EMTが同一資本だったのかはよく分かりません。
 C37時代のスチューダー社は独資だったのではと思っていましたら、写真の様にマニュアルの裏表紙、下の方をみるとEMTの矢印マークがバツチリ印刷してありました。
 C37はスチューダーEMT時代の製品なんですな。
画像

 (C37の上にホコリ除けにEMT927用のベルベツト布を置いています)

 ベンプレ親父、実はEMTの輸入代理店が国内で作ったと思われるベルベツトの敷布を3枚もっています。
 この敷布はサイズが二種類あり、927用の大きなヤツと930用の小さいヤツです。色は各々黒と赤があり、全て中央にEMTのロゴマークが刺繍してあります。
 私は大サイズの黒と赤、小サイズの黒を持つており、大サイズ黒をEMT927stに、大サイズ赤をC37に、小サイズ黒をルボックスA77mkⅢにかけています。

 C37はEMT時代より前のデッキだと思っていたので、この敷布はパチ度が強いなーと思っていましたが、C37、スチューダーEMT時代のブツと判りましたので堂々とEMTの赤いベルベット敷布をホコリ除けに使えますなw

 コレがマニュアルを手に入れた最大の収穫かも?

 うーむ(駄)でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック