ランシング415励磁電源装置、Ben-Pre-ⅡとF820の切り替え装置を作りました(駄)

IMG_3038.JPG
 (ナイフスイッチを用いた励磁電源の切り替え装置です)

 WE13aシステムの低音部はランシング415レプリカ×2+JBL4550箱です。
 415の励磁電源装置は二種類あって、一つはベンプレ親父自作のシリコンダイオード整流Ben-PreⅡが2台、もう一つはウエスタンラボ製のランシングF820レプリカが4台です。

 スッキリと見通しの良いBen-PreⅡとドッシリと厚みのあるF820にはどちらも良さがあります。
 一つとるならF820ですが、せっかく作ったBen-PreⅡもしばらく使ってやりたいです。
 そんなわけで、励磁電源切り替え装置を組んでやろうと思いつきしました。
 接点は増えますが、励磁電源が供給するのは電磁石コイル用の単なる直流ですから、音響信号電流の様に神経質にならなくても良いでしょう。

 切り替え装置は5Aほど流せるスナップスイッチで充分でしょうが、ここはレトロといいますか、事大主義で電力用のナイフスイッチ(日東工業15A、250V)対応)を使用する事にしました。
 ナイフスイッチのナイフに415の励磁端子を繋ぎ、上下のナイフのさやにF820、Ben-PreⅡを繋ぎました。
 F820は一台に付き415励磁電源を1個、Ben-PreⅡは415の2個分をパラって使います。

 スイッチの固定台は、Ben-PreⅡのベースに使ってカッコ良かったアカシア集成材を再度使用しました。
 配線材はベルデンのスピーカーコード8470の余りです。

 いやその、これでお終いです。
 切り替えて聴いたときの音の印象も以前の通りです。(駄)でしたw

 これで夏休みの工作シリーズは終了ですw

p.s.
 415をドライブする是枝ラボ6550p.p.の前に外付けボリュームを入れていましたが、昔作ったデールの固定抵抗を用いた-10dbの減衰装置に取り替えました。透明感が上がりましたぞ。

この記事へのコメント

こうすけ
2019年08月09日 16:48
う〜ん、ますます◯態ですね〜、まぁ気持ちはわかります^_^
ベンプレ親父
2019年08月09日 16:57
同病、相哀れむとかもうしますぞ^_^