Lansing415の励磁電源装置、Ben-PreⅡを改造、Ben-PreⅢとしました(その2.)

(左がチョークコイル4個のBen-PreⅢ、右が2個のBen-PreⅡです)  ちゃっちゃと組んで、ダミー抵抗を付けて励磁電圧電源を測定すると242Vになりました。  チョット高いかなと心配しましたが、415ダブルウーハーに実装すると219Vで問題なさそうですので早速試聴です。  左chがチョーク4個のBen-PreⅡ改造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lansing415の励磁電源装置、Ben-PreⅡを改造、Ben-PreⅢとしました(その1.)

(Ben-PreⅡを改造、チョークコイルを各ch二個追加し、Ben-PreⅢとしました)  ベンプレ親父お手製のランシング415用励磁電源、Ben-PreⅡはチョークコイルを用いたπ型フィルターです。整流素子はブリッジダイオードを使っています。  前段の電解コンと後段の電解コンの間に、200mA、10H、直流抵抗157Ωのチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more