WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その4.)

  (ラック下側の2段にWE124Jを納め、ラックの前には是枝バッファーアンプとWE124Aを置きました。左端の赤いスライダックから124Aの電源を取っています)  講釈は程々にして繋いでみましょう。  ヤマハDME24Nデジチャンの~290Hz出力を是枝バッファーアンプを介してWE124Jへ。250~1180Hz出力を同…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その3.)

 (600Ω入力トランスを使用するための真空管式是枝バッファーアンプです。WE124A用と124J用は回路が違うそうで、124J用は少し低域を持ち上げているそうです。  415を仕込んでいるJBL4550はフロントロードホーンのカットオフが100Hz位だと思いますから。  それにしてもレトロモダンなデザインですね。鉄腕アトムのお…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その2.)

(写真はWE124Jです。こちらにはデイブンのATTと電源スイッチが付けられています。ATTとトグルスイッチを取り付けた黒い板が良いアクセントになっていてカッコイイかも)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムはマルチアンプシステムですからWE124A、124Jの2ペアともGETする事にしました。  ここでWE124について…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その1.)

 (WE124Aです。電源スイッチが無いので、赤いスライダックで電源を投入します。中国製ですが、デザインも色使いも良いと思いません? なお、後ろにダンボール箱だのプチプチだのが写っているのはご勘弁を。梱包を解きながら写真を撮りましたので)  WE13aシステムはサブウーハーのエラックSUB2090がパワーアンプ内蔵、低域…
コメント:0

続きを読むread more

国体公開競技・クラシックパワーリフティング大会でした

 9月21日~23日はつくば市で国体公開競技・クラシックパワーリフティング大会が行われ、ベンプレ親父は役員として参加してきました。  写真はスーパーヘビー級(+120kg級)の樋田選手。  ノーギアスクワット350㎏の日本記録、TOTALも851㎏の日本記録でした。  フルギアの日本記録は三土手大介選手の出した430㎏です…
コメント:0

続きを読むread more

幸坂優衣さんのソプラノコンサートでした

 9月17日火曜日は赤穂中央病院1Fオルガンホールでソプラノ幸坂優衣さんとオルガン・電子ピアノ青木紗絵子さんのコンサートでした。  写真中央が幸坂さん、左が青木さんです。  幸坂さんは昨年大学院を卒業され、岡山大学脳神経内科の秘書のお仕事をしながら音楽活動を行われています。青木さんは大学院在学中だそうです。  先日、岡…
コメント:0

続きを読むread more

全日本マスターズクラシックパワー大会でした&広報あこうに玄武会の山本さんが取り上げられました

 9月14日、15日に岐阜県美濃加茂市のプラザちゅうたいにて全日本マスターズクラシックパワーが行われました。総勢231人出場の大きな大会になりましたが、進行は極めてスムーズ、来年12月のアジアクラシックパワーリフティング選手権も安心ですね。  パワーハウス赤穂からは写真の小笠コーチ(M1、105㎏級、total582.5㎏)、…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その4.最終回)

   (低域用を自作6CA7無帰還p.p.、高域用を自作6L6GC無帰還シングルに変更しました)  試聴はSACDで。クライバーのトリスタンとイゾルデ、第三幕です。  この前奏曲は低弦のユニゾンから始まるのですが、どうも音が硬くなってロンドンウエスタンやバスビン程上手く鳴りませんでした。  しかしアンプを6CA7無帰還p.p…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その3.)

 今夜、WE13aシステムの415を繋いでいる是枝アンプ6550p.p.を外して代わりにBen-PreⅤを繋ぎました。  日本オーディオのRC-2でF特を測り、415の音圧が適正になるようにBen-PreⅤのATTを調整し、試聴と目論みましたが…  ここで見込み違いが。Ben-PreⅤのATTを全開にしても中域のWE555や高域…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その2.)

 (配線の様子です。シンプルな無帰還アンプも、ベンプレ親父の手にかかるとゴチャゴチャですな。これじゃ故障しても治せませんぞw)  特注パーツの代替品選定ですが、OPTはゼネラルトランスPMF40-6.6K-NFにしました。記事のタムラ特注OPTはZp-p=6.6KΩという半端な値だったので近似のもので良いだろうと探しましたが、…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その1.)

 (今回組んだ6CA7p.p.無帰還アンプの動作確認中です。まあその、何の変哲もない回路、ありきたりの外観ですが。イヤ外観は少し間延びしてますなw)  WE13aシステムの低域にはランシング415レプリカ(ウエスタンラボ製)をダブルで使用しています。  このドライブアンプはオーディオマエストロ製6550p.p.、60wです。…
コメント:0

続きを読むread more

安部譲二さん死去とジョージ・フォアマンの私的な思い出

 作家の安部譲二さんが死去されました。享年82歳だそうです。  安部さんは私の中学校の大先輩です。  中学生のころから渋谷の安藤組に出入りし、任侠の世界に入りました。前科は14犯だそうです。    その後堅気に戻り、様々な職業を転々とした後、自身の刑務所生活を基に執筆した「塀の中の懲りない面々」で作家として世に出られました。…
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニのオペラ、坂口裕子さんがコルテーゼ夫人を歌う「ランスへの旅」を観てきました

 昨日から東京出張ですが、今日は午前中に少しあそか病院で仕事をした後、昼過ぎからベンプレ妻と一緒に新国立劇場でロッシーニのオペラ、坂口裕子さんがコルテーゼ夫人を歌う「ランスへの旅」を観てきました。  坂口さんは兵庫県竜野市出身のソプラノ歌手です。10年以上前からイタリアから帰国された折に赤穂中央病院でコンサートをお願いしていました…
コメント:0

続きを読むread more

励磁型スピーカーの励磁電源になぜタンガーバルブや整流管が良いのか(仮説)

 (ベンプレ亭書斎でランシング415レプリカに使用中のブリッジダイオード電源、Ben-PreⅢです)  先日導入した励磁型ウーハー、415の電源には写真のBen-PreⅢと整流管83Vを使用するF820レプリカ(ウエスタンラボ製)を併用しています。  しばらく使いましたが、F820の方が味わい、深みがあり、クラシックでは特に…
コメント:3

続きを読むread more

ビンテージマイク・ALTEC639BをGetしました !!

(ついにGETした鉄仮面ことALTEC639Bマイクです) (639Bを高砂TBS-130に取り付けました。639Bは専用ホルダー込みで1.8㎏もあります。これを装着できる国産のマイクスタンドは、2㎏まで使用可能なTBS-130くらいしか見当たりません)  ベンプレ親父はナマ録は殆どやった事がありません。以前RODEのワ…
コメント:2

続きを読むread more