WCラグビー、日本の素晴らしい挑戦が終わりました&エンパイア398をプチメンテ

ラグビー.jpg
 ラグビーワールドカップ、昨夜日本vs南アフリカの準々決勝戦が行われました。
 日本はキックパスなどで南アフリカのDFを翻弄し、ボール支配率、陣地支配率で上回るなど、前半を3-5で折り返して健闘しましたが、3-26で惜しくも敗戦となりました。

 ラインアウトを徹底的に研究されており5回のロスト、これが応えましたね。
 また、恐れてはいたのですがモールでずいぶん進まれてしまいました。

 アイルランド、スコットランドのティア1チームのFWに押し勝っていた日本のFWですが、スクラムの様なセットプレーでは対策が出来るものの、純粋な力勝負である(素人目にはそう見えます)モールには課題が残ったようです。

 しかし大会を通じて全試合とも素晴らしい試合でした。
 終了後の記者会見で、これでラグビーを引退するロック、WC出場4大会のトンプソンが「僕のキャリアは良かった」と言ってくれました。
 私は彼に「おめでとう」と敢えて言いたいです。長い間有難う御座いました。

 大会は大分で行われましたが、上の写真の様に佐賀新聞は号外を打ったようです。試合終了はpm9:20、号外の配布は深夜だったと思います。
 それでも佐賀新聞は号外を打ちました。心意気を感じますね。
 号外を受け取った方も素晴らしい体験、感激されたと思います。
IMG_3271.JPG
 オーディオネタが切れましたので、エンパイア398のメンテの写真でも。
 といってもタンテを抜いてセンタースピンドルに100号の機械油を3滴さし、ベルトをテープレコーダーのピンチローラー用清掃液で拭いただけです。
 モーターは何処に油を指すのか分かりませんでしたのでw

 それにしてもこれ以上ない程シンプルな作りですね。
 回転数は33回転だけなので、回転数切り替え装置もありません。モーターのシャフトとターンテーブルに輪ゴムをかけて回すだけです。
 モーターも板ゴムでぶら下げてあるだけです。
 あとは進相コンデンサーの劣化さえなければ触る所がありませんな。

 モーターが逝けば、このタンテもお終いですが、まあ私の耳が聞こえる間位は持ちませんかね。
 モーターにはメイド・イン・ウェストジャーマニーと書いてあります。
 ですからベルリンの壁崩壊前のモーターですね。30年以上前の物であることは間違いありませんが、静かに回ってますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント