プリンがレモンのところに行きました

IMG_3285.PNG
 (おもちゃのボールを挟んで笑いあうプリン(右)とカボ。数年前の写真です。カボが小さいころは、プリンがおもちゃのロープをカボの前に持っていき、遊んでやっていましたね)

 昨日pm1:30、プリンが老衰にて永眠しました。15歳7か月の命でした。
 ラブラドールレトリバーとしては長命な方でしょう。
 レモンよりちょうど2年長生きしてくれました。病気一つしない健康な犬でした。

 昨年6月より自力では歩行が出来なくなり、1年5ヶ月の介護生活でしたが、亡くなる前日まで意思の疎通も出来、最後は眠るように亡くなりました。
 生まれたときにはレモンがいて、最後はカボが一緒にいました。ベンプレ夫妻も最後の時に一緒にいることが出来ました。
 もう最後かと思い、私も昼休みに自宅に戻っていましたので。
 いつも家族に大事にされ、可愛がられ、褒められて一生を終えました。幸せな犬だったと思います。

 本当に奇麗で賢い犬でした。人の気持ちの分かる優しい犬でした。
 我が家に来てすぐ、目が開くかあかないかのうちに自分の名前が分かるようになり、驚きました。間違いなく頭は3匹の中で一番良い犬でしたね。

 娘とはことのほか仲良しで、いつもベッタリとくっついていました。

 昨夜は一家でお通夜をしました。
 プリンは介護が重くなってからは我々の寝室の隣のリビングで電動エアマットを敷いて寝ていましたが、昨夜は元気なころと同じように、ベンプレ夫妻の寝室で一緒に休みました。

 今日は斎場に行き、それから写真館に遺影をお願いに行きます。

 悲しいですが老衰ですので一家の者は皆覚悟をしておりました。今は優しいお兄ちゃんのレモンの下へ行き、一緒に遊んでいる事でしょう。
 いつもの通り尻に敷いて。
 レモン、宜しくね。でもレモンも寂しくなくてよかったよね。

 悲しいですが、これは順送りです。そのうちパパも行くから待っていてね。

 私は大丈夫です。明日からは平常通り仕事に戻ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント