池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その3)

 (上の写真は裏表紙です。東芝の名球、6GB8、池田先生御愛用の6GA4などの宣伝です。私、暫くデンオンのPOA1000Bという6GB8P.P.を使ってました。音もデザインも素晴らしかったです。  6GB8、中国、ロシア、東欧などで再生産したら売れると思いますがねぇ) 仮説3.クロスオーバー40Hz   個人的には…
コメント:2

続きを読むread more

池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その2)

   仮説1.を書いた後で古書の「3Dステレオの全て」を入手しました。当時の評論家・研究家の分担執筆で、池田先生も一章を受け持たれています。ここではクロスオーバーが250Hzで良いと書いてありますが、記事によるとWE15aをサブウーハーとして、他のスピーカー(755や728あたり?)に左右チャンネルを受け持たせていたのかもしれません。…
コメント:0

続きを読むread more

池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その1)

 (写真は今回入手した古書、1966年発刊の「3Dステレオの全て」です。中表紙の広告はYL音響のオールホーンシステム、その隣のページはビクターのオートチェンジャー付き電蓄です。マニアックな製品と家庭向けの製品が同じ本に広告を出している辺りがHIFI黎明期らしくて良いですね。  よく見ると、このビクターの電蓄は3Dシステムです。…
コメント:0

続きを読むread more