特養ホーム・北砂ホームのコロナPCR検査に行ってきました

IMG_1079.JPG
 (北砂ホーム前の送迎車両を使い、職員のPCR検査を行っているところです)

 先週土曜日、日曜日のブログで伯鳳会グループの社会福祉法人あそか会の特別養護老人ホーム北砂ホーム(東京都江東区)にコロナウィルス・クラスターが発生したことをお伝えしました。

 職員は現在まで感染を確認された人はいませんが、入所者は14人検査を出して13人がPCR検査陽性でした。
 14人全員が系列のあそか病院に入院され、一人がお亡くなりになりました。

 江東区保健所とは密に連絡を取り合い、職員の出勤停止などを行っています。
 今日はあそか病院、やはり伯鳳会グループの東京曳舟病院から感染管理のチームが総出で北砂ホームの現在の入所者82名と北砂ホーム職員のコロナPCR検査を行いました。

 Am10:00に私を含めた実働部隊が北砂ホームに集結、あそか会本部、介護系全事業所と簡単な会議を行った後、チームは各フロアへPCR検査に出発です。
 私もPPEを着込んで気張っていましたら、年寄りは出しゃばるなという事で、検査材料の処理部門に配属になってしまいました。

 看護師1名、検査技師2名のお手伝いです。
 誰でも出来る仕事という事で、試験管を封印するフィルムをハサミでチョキチョキ切る係をam10:15~pm1:30まで延々とやらせて頂きました。

 全員の検査が済むまでに2日以上かかると思い、宿泊の用意をしていたのですが、PCR検査のみを次々と行っていくと、接触者外来の数倍のスピードで検査は進み、pm1:30には入所者の検査は終了しました。

 その後職員の検査を行っていますが、帰宅中で検査を受けに来て欲しいと呼び出しをかけた職員を含めて、pm3時前にはほぼめどがつきました。
 今日連絡が取れなかった職員には、明日あそか病院を受診してもらいます。

 私は3時前にあそか病院に移動、コロナ患者様を入院させている病棟に寄って様子を聞いた後、新幹線で帰宅します(このブログは新幹線内で書いています)、

 4月10日以降に北砂ホームのショートステイを利用され、既に退所されていた方にも随時連絡を入れ、あそか病院でPCR検査が受けられるように段取りをしています。

 これで現在対応すべき医療的処置は終了です。今後はあそか病院に入院された患者様の回復に取り組むとともに、2/3以上の職員が2週間の出勤停止になった北砂ホームの職員の穴を埋めるための人繰りを付けなくてはいけません。

 幸い、あそか会には北砂ホーム以外にあそか園、江東ホーム、塩浜ホームの3特養を始め6デイサービス、3ケアプランセンターがあり、看護・介護人材の総数はそれなりにいます(どこの施設もカツカツではありますが)。
協力し合って回すしか無いです。

 伯鳳会グループでは玄武会、伯鳳会赤穂から数名の人員を応援に行かせます。
 この危機をグループの総力を挙げて乗り切りましょう。

 一番大切な事は、職員自らが感染しない事です。もう一つ特養ホームがクラスター化したら、とても持ちません。

 有難かったことも。
 今日1日で100以上のPCR検査を出しますので、江東区保健所ではとても対応できません。民間の検査会社SRLにお願いしたところ300個の検体検査キットを北砂ホームまで社員の方が運んできてくれました。
 「一日300件までは何とかします」との力強いお言葉。さらに検査終了まで現場に残って下さり、検体を自社の検査センターまでそのまま輸送してくれました。

 SRLはたしかに検査が本業の会社ですが、ここまで一生懸命していただけるのは商売だけではないでしょう。同じ医療業界にいる仲間として力強く思います。

 東京曳舟病院がPCR検査を出しているBML社も川越の検査センターに全国の自社の検査技師を集結させ、不夜城だそうです。
 小川ローザのアクションと共にモーレツが流行ったのは今から50年も前ですが、有事の際はみんな頑張っています。

 医療人の良心と、日本の復活を私は確信しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

名無しの権兵衛
2020年04月27日 17:31
先生,お疲れ様です・・・。

例の掲示板拝見しましたが,人が良すぎます。
「文は人なり」
皆が気付く時が必ず来ます。

私には何もお手伝いできませんが,先生の思いが報われる事をお祈りします。