特養しらひげ地鎮祭&あそか会のコロナクラスター続報

IMG_1129.JPG
 (地鎮祭で鍬入れをするベンプレ親父)

 5月8日は墨田区東向島、旧白鬚橋病院跡地に建設する特別養護老人ホームしらひげの地鎮祭でした。本来は社会福祉法人玄武会理事長のベンプレ妻が参加すべき所ですが、緊急事態宣言下にて参加者は最少人数という事で、理事の私が参加しました。私は地鎮祭の後にあそか会でコロナ会議、現地視察などの予定がありましたので。

 緊急事態宣言下に地鎮祭もないものですが、特養は補助金の年度が決まっているために着工時期が限定されます。加えて、新施設の場合は新卒者の職員募集を考えて4月か5月にオープンがベストですから、竣工は2月、3月がベスト。
 そこから逆算すると地鎮祭は5月中頃です。

 更に工事現場は地鎮祭無しの工事開始は縁起が悪いそうなので、仕方なく緊急事態宣言下での地鎮祭になってしまいました。
 無事に工事が進むことを祈念いたします。

 さて、今日11日もあそか会に出張しました。江東区保健所からあそか病院のコロナ視察がありましたのと、会議、指示がありましたので。

 北砂ホーム関係のコロナPCR陽性者数は増加しておらず46名のままです。デイサービス利用者様は結局12名が検査を受けられましたが、全員陰性で胸をなでおろしました。

 北砂ホームクラスターは収まりつつありますが、あそか病院内で北砂ホームと無関係のコロナ患者様が2名発生し1名が亡くなられました。
 職員の濃厚接触者のPCR検査を進めていますが、現在まで職員の感染者はありません。

 北砂ホームのコロナ患者様を受け入れて以来、更に感染予防には緊張感をもってあたっていますので、今のところその結果が出ている様です。

 北砂ホームからPCR陽性かつ有症状者は全てあそか病院に入院しましたが既に3名が治癒、PCR検査も2回連続陰性となり、コロナ病棟から転院、転出が始まっています。

 しかし北砂ホームと無関係な発症例が発生しましたので、あそか病院は予断を許さない状態です。さらに伯鳳会グループ全体を上げてのサポートが必要です。

 さて北砂ホームでは2FにコロナPCR陽性患者様を集め、そのうち4名が症状が発現、あそか病院に入院しています。のこる17名はPCR陽性ですが無症状です。
 北砂ホームのPCR検査は全員4月27日に行いましたので、今日で14日が経過、観察期間終了です。明日、明後日で2F入居者のPCR再検査を行い、PCR陰性者はフルPPE対応を外していきます。

 また、北砂ホーム2F、3F職員の出勤停止のために応援に入っていた介護士、看護師のうち、あそか会以外の職員は今日で勤務終了です。2F、3Fの職員が随時勤務復帰となりましたので。
 
 北砂ホーム以外のあそか会職員で応援に入っていた部隊も今週中には全員北砂ホームから引き上げられる見通しです。
 あと少し、アクシデントの無いように注意を払っていただき、クロージングに進みましょう。

 北砂ホームの全職員、応援部隊の職員、お疲れさまです。
 あそか病院、東京曳舟病院を始め、伯鳳会グループの皆様、有難う御座いました。

 あそか病院には北砂ホームと無関係のコロナ患者様の発生がありましたので、戦いはこれから厳しくなる懸念もあります。今後も伯鳳会グループの固い結束で勝ち抜きましょう。

 なお、ここ数日で行政のPCR検査に対する姿勢は大きく転換した様で、濃厚接触者は元より、懸念のある方には積極的にPCR検査を勧めるようになりました。
 従来は濃厚接触者以外は検査をせずに自宅待機で健康観察を勧めていましたが、方針の転換があった様です。

 あそか会は患者様第一、利用者様第一を考え、懸念のある方は全数検査の方針を取ってきました。すでにPCR検査数は400を超えており、行政の方針とは乖離していました。
 しかし、我々の行っているのは臨床医学、行政の行っているのは公衆衛生医学ですから、個別対応にズレが生じるのは当然で、どちらが良いわけでも悪いわけでもありません。
 
 行政としては、各医療機関が各自の最適医療を追求する事で医療崩壊などの合成の誤謬が起こる事を懸念していたのだと思います。
 しかし、東京都の新規感染者数は本日は22名など、出口が見えてきました。こうなると医療崩壊のリスクは下がったとして、コロナ禍のクロージングの為に積極的なPCR検査に舵を切ったのかもしれませんね。
 暗闇の向こうに明かりが見え始めました。その明かりが日に日に大きくなるように、医療人・介護人として恥じない日常を貫徹いたしましょう。

 さて、我々の取り組みをNHKのクローズアップ現代が取材しています。一部はNC9などにも使われるかもしれないとのお話でした。

 あそか会・北砂ホームは確かにクラスターが発生してしまいました。しかしその後のあそか会、伯鳳会グループ全職員の全行動には何ら恥じるところはないと私は確信しています。

 我々の戦いをマスコミを通して見ていただくことは、職員が差別を受けたり、あそか会が誤解を受けたりすることを防ぐと思います。また今後、入所施設が新型感染症に見舞われた場合の一つのケーススタディにもなると思います。
 「危険手当、一勤務5000円でやってられるかー」なんてのも大変良いと思います。現場のナマの声こそ貴重です。


 職員は胸を張って、日々の行動を見てもらって下さい。自身の考えを発言してください。心ある方は、必ずわかってくれます。
 現に、我々のもとには数多くの励ましの声が寄せられ、多くの物的支援を頂いているではありませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント