日本の新型コロナ感染症の発症者の推移(と将来予測)のスライドを頂きました

 今日は尼崎のはくほう会セントラル病院と大阪暁明館病院に出張でした。セントラル病院の古賀院長にオリジナルスライドを頂き、ブログへの掲載を許可して頂きましたので書かせて頂きます。これはオリジナルですので、転載を希望される場合はご連絡ください。
 
 古賀先生は内科医師ですが、毎年英文の論文集を出されるほど論文をたくさん書いておられます。今回は既報の数値を独自に分析され、感染症発症者の将来推計を行い、自粛解除のヒントを作られました。
IMG_1180.JPG
1.上右のスライドは既報の新規発症者数と総数の推移です。
2.中左のスライドは1.の数値を用いて倍加日数を計算したものです。発症者数は一次関数的に減少し、倍加日数は二次関数的増加し、良い傾向にあります。
3.中右、下左、下右のスライドはそれぞれ東京、兵庫、大阪の発症者数、倍加日数ですが、全国と同様のカーブを示しています。
IMG_1181.JPG
4.上左は北海道の発症者数、倍加日数です。東京、兵庫、大阪と異なり、二峰性になっているのが分かります。いわゆる第二波の発生ですね。

 ここまでは私にもわかりました。ここからは数学的な分析ですので私には理解できませんでしたので、結果だけ説明します。

5.スライド中左、中右の様に、パターンの違う北海道を除いて、東京、兵庫、大阪、全国ともに倍加日数を対数表示すると直線的に上昇していることが分かります。

6.以上より6月19日までの全国の発症者数と倍加日数を計算すると、現在の生活を継続すると6月半ばにはCOVID-19感染症は終息すると期待できるようです。

7.非常事態宣言+休業要請を現状のまま行えば、あとひと月で状況終了です。
 しかし生活を緩めるとあと一月で終息とは行きません。それでも感染症の発症者数を一定以下とし、倍加日数の減少を防ぐ生活様式が出来れば低いレベルで感染者数は留まり、ジワジワ落ちていくという事です。
IMG_1182.JPG
8.この二枚のスライドは東京と兵庫の将来推計です。現状を維持できれば6月9日には状況終了です。
 あとはどの程度生活を緩めて、エンドポイントを何時にするかを政治判断・調整していく時期ですね。

 大切な事は発症者数が増加に転じるほどの倍加日数に落とさない事でしょう。

 さて、明日は39の府県で非常事態宣言が解除され、残る都道府県は8になります。8都道府県も月末まで頑張れば、数式上は非常事態宣言の解除は濃厚だという事です。

 みなさん、もう一度「木登り名人」の故事を思い出し、細心の注意をもって頑張りましょう。ベンプレ親父も頑張ります。
 古賀先生、スライド有難う御座いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

名無しの権兵衛
2020年05月16日 13:48
先生,お疲れ様です!

自分の書き込みを観たら,タイプミスを発見しました。
「ン」が余計に付いてましたww 申し訳ありません。

ところで,懐かしい長岡先生の名前が・・・。
メーカー製のSPを否定して,独特のデザインのSPを
次々制作・発表されてましたね?
ケーブルも普通の電源ケーブルを捩って使用されてました。

私もいくつか試しましたが,三菱電線のD.U.C.C.屋内配線用が
一番音が良かったように感じます。
どっしりと腰のすわった音で,多分古城先生も気に入られると
思いますが,残念ながら現在は販売されてません。