緊急事態宣言の開始時期が最重要であるとのスライドを頂きました

 本日、尼崎のはくほう会セントラル病院院長・古賀正史先生から前回の研究の続報のスライドを頂きました。今回もお許しを得てブログに掲載させて頂きます。
 なお、私は統計も数学も弱いので、スライドの説明を間違えるかもしれませんが、ヘンならコメント欄からでもご教授くださいませ。
 このスライドはオリジナルですので、引用を希望される方もやはりご連絡ください。
IMG_1190.JPG
 今回の分析は緊急事態宣言、自粛要請のタイミングがコロナ感染にどのような影響を与えたかを分析し、第二波襲来時にどのタイミングで再度緊急事態宣言、自粛要請を開始するかの目安を探るためのものです。
 
 中左のスライドは発症者数と倍加日数(感染者数が二倍になるのに要する日数)の変化を見たものです。感染者数のグラフ(青線)は当然低い方がよく、倍加日数のグラフ(赤線)は高い方が良いわけです。
 
 一斉休校要請での倍加日数の変化はやや不十分ですが一時は倍加日数が上昇しており効果があった様です。
 しかし再度倍加日数は低下に転じ、オリンピック延期発表から緊急事態宣言までの間に大きく低下、患者数が爆発的に増えて行きました。
 しかし緊急事態宣言後は倍加日数上昇、感染者数減少と著名な効果を上げることが出来ました。
 ここから推論すると、休校などを見ての自主規制では不十分で、行政から具体的な行動指針の発令が必要であると判ります。

 左下のスライドの破線は自粛要請のみで緊急事態宣言がなされなかった時に予想される発症者数です。実線は緊急事態宣言が出された現実の発症者数です。
 もし緊急事態宣言がなされなければ4月半ばには発症者数は100万人に達していたと推定することが出来ます。

 右下は再掲ですが、倍加日数が6日前後と極めて厳しい状態が続いたために緊急事態宣言が発令されたことを示します。
IMG_1191.JPG
 左上を見ると、緊急事態宣言発令前後の倍加日数から、自粛要請程度では改善の方向が全くなかった時期が続いたと判ります。

 右上は青実線が自粛要請、緊急事態宣言の両者が行われている現在の状況、赤破線が自粛要請のみだった場合、赤実線はどちらも行われなかった場合の発症者数を示します。
 これらは数学的な類推ですが、コロナ感染の拡大防止、抑え込みには医療現場の行動以上に国民の行動が重要で、それを左右する行政の役割が極めて大きい事が分かります。

 左中は総患者数の推定値です。右上、左中のスライドよりわかるように、緊急事態宣言が無ければ4月中頃には完全に医療崩壊・介護崩壊が起きていたと推定できます。

 右中、左下が一番重要なスライドです。緊急事態宣言が1週間遅れていたら間違いなく医療崩壊が起きていたと判ります。ですから今回日本がコロナ感染症の危機から脱しつつあるのはまさしく「薄氷を踏むような勝利」だったと判ります。

 小池さんが東京都緊急事態、都市ロックダウン等とインパクトの強い言葉でマスコミにアピールする事で安倍政権も重い腰を上げ、緊急事態宣言が行われました。
 大阪は騒ぎ過ぎだと隣県の知事からバカにされながら吉村さんが手を打ったから緊急事態宣言は実を上げました。

 それに先駆け、北海道知事が北海道緊急事態宣言を掲げ、先鞭をつけた事も素晴らしいケーススタディになったと思います。
 実戦では、和歌山県知事がクラスターの潰し方を我々に示してくれました。


 今回、日本がコロナ感染症の封じ込めに目途が立ちつつあるのは、マスクの習慣、国民性、国民皆保険制度などに勝因を求めたり、日本人はコロナに強い体質であるといった神国理論が横行しています。
 すべてが間違いではないと思いますが、ニューヨークやロンドン、パリ、ミラノなどより緊急事態宣言を出すタイミングが僅か1週間早かっただけだと見る事も出来る様です。
 つまり、都道府県知事のなかに良いブレーンに恵まれ、正しい危機管理と判断のできる人材が数名いた事、それが東京都と大阪府というキーとなる自治体にいたことが日本を救いつつあるのだと思います。

 みなさん、選挙は大事ですね。でも平時の選挙では有事の能力までなかなかわからないんですけどね。

 やっぱり日本は最後の運を持っていたのかな?
 アリャ、神国理論はアカンと言ったばかりなのに。

 緊急事態宣言が実行力を持つためには国民が政府を信じなければ出来るものもできません。ですから我々は信じるに足る、正しい政府を持てるように常に両目を開けていなければ。そして我々は投票権を最大限に活用しなければ。

 原発事故に続き、目先の利権に惑わされる投票行動では日本は滅び得る事を学びました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント