ラックスD-10Xでハイレゾ配信の利用を再開しました

IMG_1283.JPG
 (コルグ・オーディオゲートver.4です)

 先日、ベンプレ親父は老い先短い命ですから、LP(とオープンリールテープ)だけやるのが吉と申しましたが、その舌の根の乾かぬうちにハイレゾ配信を再開してしまいました。

 MQA-CDも一段落したので、久しぶりにやってみようかなと。
 しかし暫く休んでいるうちに使用していたKORGのAudio Gateがバージョンアップされていたためか、うまく起動しません。
 仕方がないので、パソコンに詳しい方にKORG DS-DAC-10Rのドライバーと一緒にパナソニックのノートPCに入れ直してもらいましたが、動いたり動かなかったりで挙動不審です。

 それなら先日購入したラックスD-10XのUSB入力を使ってやればいいやと自分でドライバーを入れてみましたが、ますます不調で、DS-DAC-10Rに繋いでもD-10Xにつないでも全く動かなくなりました。

 もう一度詳しい方に見てもらいましたが原因不明。
 仕方がないので以前オーディオ専用に使用していた東芝のノートPCにAudio Gate、DS-DAC-10Rのドライバー、D-10Xのドライバーをインストールしてもらいましたら今度はどちらもサクサク動きます。

 パナのPCは仕事で酷使し過ぎたのか、なにやかにやゴミが入っているのではとの事でした。
 いずれにせよ無事に動き出して一安心です。

 さて、DS-DAC-10RとD-10XのDAC部の聴き比べと行きたいところですが、動作確認をしている時点でもう優劣は明らか、D-10Xの圧勝です。
 低域の伸びも、力強さも、空間の広さもDS-DAC-10Rに大差を付けました。パソコンを触ってくれてた人はオーディオマニアではないのですが、音の違いにはビックリされていました。
 まあその、DS-DAC-10Rは現行品とは言え、今では実売価格3諭吉チョイですからなw

 D-10Xのウリの一つがローム製の新型DA変換チップらしいですが、これは音がとても良い様ですね。
 コレじゃまたハイレゾ配信を買い漁らなきゃならなくなりましたぞ。

 それにしてもデジタル物も音の差は大きいですね。いやDACはアナログ部分があるから、ここで音が変わるのかな?

 それから、以前の記憶ではハイレゾのダウンロードはやたら時間がかかっていたのですが、e-onkyoのダウンローダーが進化したのでしょうか、今回やってみると、ずいぶん早くなりました。
 過去はダウンロードを始めると1時間以上かかる事はザラで、何か違う仕事をしてPCの前に戻ってみると、途中で止まっていたりとか普通でした。

 これじゃタワーレコードでポチった方が楽だとSACDを買っていましたが、今度はダウンロードの方が楽かも。

 うーむ、時代の進歩にはもう追いつけませんが、なんとか遅れ遅れでも追いかけて行きましょうw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント