今日は蓄音機の日&NAB-JのDENON DN-3602RでNABとCCIRを再生できるかな?

 本日7月31日は「蓄音機の日」だそうです。なんでもエジソンが蓄音機の特許を提出した日だとか。  他にもオーディオの記念日があるのでしょうか。ご存知の方がおられたら教えて下さいませ。  さて、先日入手したDN-3602RはNHKの独自規格であるNAB-Jというテープイコライザーになっています。一般に日米のテープはNABで、ヨーロ…
コメント:0

続きを読むread more

JBL075励磁改造をロンドンWEシステムへ&ラブコメの帝王?

 WE13aに使用していたJBL075励磁改造ツィーターをカンノK-597に取り替えました。  075励磁も気に入っていましたので、ロンドンWEシステムに移植しました。  K-597は075励磁よりHIFIで静かな音なので、クラシック向きです。WE13aでも主にクラシックを鳴らすことになりそうなので、ジャズやポップスに向く0…
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その3.)

 (WE13aホーンとJBL4550箱の間にK-597を仕込みました)  K-597のローカットはCRパッシブチャンデバで4KHz以下を6db/octで切り、更にスピーカーの前にフォステクスの箔巻コン(みなさん良く言われませんが、私は素直で透明感のある優秀なコンデンサーだと思います)2.2μFを咬ませて4.5KHz以下を6db…
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その2.)

 (とりあえず1.5μFのコンデンサー1個で下を切って、音を出してみました。ソースはYou Tube のピンクノイズです)  カンノ製作所はWE300BのアンプやWE22aのレプリカで有名でした。確か北九州市にある鉄道系の電気設備会社だったと思います。  社長の菅野省三氏はステレオサウンドのスーパーマニアの確か第二号に紹介さ…
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その1.)

 (入手したカンノ製作所K-597とその励磁電源です。)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムはウーハーがランシング415のレプリカ(ウェスタンラボ製)ウーハー箱がJBL4550、ドライバーがWE555、ホーンがWE13aレプリカ(S氏製作)、ツィーターがJBL075励磁改造(M氏改造)です。  バイタボックス・バスビン…
コメント:5

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(続報)

 (ベンプレ亭書斎のオーディオソース再生機械のショットです。LPタンテ4台、オープンリール4台、SACDプレーヤー(DAC兼用)、UHD-BDプレーヤー、ハイレゾ配信用PC、同HDDがあります。  右奥のテレコがデンオン3602R、左手前がタスカム42Bです)  3062Rの入出力はXLRバランス端子だけですが、上の写真の様…
コメント:2

続きを読むread more

次は8月29日、30日に全日本パワーリフティング選手権です。が…

 (74㎏級Jr日本新記録、SQ252.5㎏を成功させたパワーハウス赤穂の藤井優弥選手)  7月12日に兵庫県明石市のパワーフラッシュアリーナ(伯鳳会医療看護専門学校・明石校講堂)で近畿クラシックパワーリフティング選手権と、兵庫県クラシックパワーリフティング選手権が合同開催されました。  参加選手は60名、各階級で熱戦が繰り…
コメント:2

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その2.)

(メカ部分のアップです。テープ走行は書斎のデッキの中では一番良く、再生後の巻取りテープは全く段差がありません。新品のパンケーキみたいに巻けます)  ベンプレ亭書斎への導入時期が一番古いLPタンテはデンオンのDN308Fです。このタンテはデンオンの放送局用タンテの最終モデルで、1978年製です。  現在は内蔵のフォノイコライザ…
コメント:0

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その1.)

(今回導入したDN-3062Rです。格好はバッチリ決まってますぞw)  先日、ベンプレ亭書斎でオープンリールデッキの比較試聴会をやりました。聴いたデッキは書斎のスチューダーC37、ナグラ、タンバーグ、タスカム42B改造などでしたが、デッキによってずいぶん音が違う事に驚きました。  オーディオで一番音が変わるのはスピーカー…
コメント:2

続きを読むread more

7月1日より伯鳳会グループはレジ袋を廃止&関西学院大学神学部講演会報に大阪暁明館が取り上げられました

 伯鳳会グループは昨年度よりREactionに加盟しています。REactionとは遅くとも2050年までに自社のエネルギーを100%再生可能エネルギーに変更しようという宣言と行動です。  今年はこの活動を大々的に行うつもりでしたが、折からのコロナ禍で大きな動きは出来ていません。  とりあえず、契約期間の満了したところから電力…
コメント:0

続きを読むread more

「新医療」に大阪陽子線クリニックが取り上げられました&コロナ続報

 2020年の月刊新医療に「大阪陽子線クリニック(大阪市此花区)」が取り上げられました。医療建築での取材です。  このクリニックは竣工後3年ほどたったと思いますが、ガラスカーテンウォールと内部の1/4円状の構造が見ものです。  それほど大きな建築物ではないのですが、ハイセンスな建築だと思います。  新医療は「東京曳…
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう産科婦人科小国病院&こんにちは大阪中央病院

 (上の写真が大阪市北区の大阪中央病院、下の写真が姫路市の産科婦人科小国病院です)  7月1日に産科婦人科小国病院を医療法人伯鳳会から藤森医療財団へ売却しました。小国病院は大正年間から続く姫路市の老舗産婦人科病院ですが、13年前に後継者不在の為、医療法人伯鳳会が吸収合併しました。  当初は医師不足で苦戦しましたが直ぐに経…
コメント:0

続きを読むread more