伯鳳会グループは新築、改築、増築で忙しいです

 ネタも無いので最近の仕事の事でも。
IMG_2869.JPG
 (10月末に起工式の特養・新あそか園217床+デイサービス50人対応です。左側の茶色い建物は江東区が建築中の児童館です。新あそか園は外観の仕上げがナカナカ決まりません。天体望遠鏡のドーム、内部のプラネタリウム、ベランダと前面の大階段のエキスパンドメタルなどを生かして、少し金属調にしたらどうかと相談中です。外配管にして、太い金属パイプを屋上から引っ張るとかね)
IMG_2643.JPG
 (すでに工事が進んでいる特養しらひげ117床です。こちらは地型が悪いのですが、そこが面白みになりました。こちらはアースカラーとキャンバス地風の仕上げでやってみます。ここはデイサービスは併設しません)
 ベンプレ親父もこの12月で62歳、引退する70歳まで残すところ8年となりました。
 現在10の病院と70ほどの付属施設が伯鳳会グループにはありますが、父親から引き継いだのは病院1、介護施設1、デイサービス1、訪問看護ステーション1の計4つだけ。残りは私がM&Aで入手したり、新しく作った施設です。

 オリジナルの赤穂中央病院は昭和59年建築の新耐震基準ですので引退まで改装しながら使います。しかし手狭になったため、赤穂伯鳳会病院をお向かいに新築し、一体運用しています。
 最初にM&Aした十愛会国仲病院は、明石リハビリテーション病院として同じ明石市内に既に新築移転。
 大阪暁明館病院も同じ此花区の西九条の旧大阪北市民病院跡地に新築移転。
 白鬚橋病院も同じ墨田区内に東京曳舟病院として新築移転。
 おおくまセントラル病院はまだ新しいので改装してはくほう会セントラル病院として運用。
 大阪中央病院もまだ新しいのでそのまま使います。

 あとは城南多胡病院、あそか病院、旭ヶ丘病院ですが、どれもこれから移転新築または一部改築、増築です。

 先日ブログに書きましたが、城南多胡病院は先日地鎮祭を済ませ、移転新築が始まりました(1)。その後へ併設の老健も移転新築になります(2)。

 旭ヶ丘病院は旧耐震の中央棟を取り壊し改築します。こちらは来年度早々に着工です(3)。

 あそか病院は現あそか園の移転新築(4)後、現在のあそか園を取り壊し、その跡地に増床し増築します。2年余り先に着工ですね(5)。

 それ以外に、東京地区では旧白鬚橋病院跡地には特養しらひげの工事が進んでいます(6)。

 大阪では定借で運用していた大阪暁明館透析クリニックとデイサービスの現大阪陽子線クリニック裏への移転新築が始まります(7)。こちらはサービス付き高齢者住宅、訪問系施設を集約した建築になります。

 赤穂市ではコロナ禍で半年間中断していたサービス付き高齢者住宅「若草の家」が今年度内には着工です(8)。

 忘れてました。尼崎の老健はくほうは同じ市内の若王寺に移転新築中です(9)

 以上の様に9コの大小さまざまな建築が、いくつかの建築事務所、いくつかの建築会社にお願いして進んでいます。同時に9か所の建築では頭の中が混乱し、室内パースなど見てもどの建築のヤツだか分からなくなったりしますが、何とかこなしませんとね。

 計画通りでもすべての建築が済むのは4~5年後でしょう。あそか会は運営受託を受けている既存特養を江東区が順次リニューアルしてくれるそうですが、この工事終了は6~7年後あたりでしょう。

 その時期にはベンプレ親父も引退前の最後の1年という事でゆっくりさせてもらわないとね。

 でも…あと8年、M&Aやらずにいられる筈もないかな。そうすると仕事はエンドレスですな。
 70歳引退は動かしませんので、後は次世代に期待しましょう。ナニ、課題がある方が働きやすいものですよw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント