バイデン大統領おめでとう御座います

IMG_E3192.JPG
 ようやく開票も進み、民主党のバイデン候補が第46代アメリカ大統領に決まりました。

 この4年間は実に不思議な4年間でした。
 私は1958年生まれ、戦後13年にて生を受けました。当時受けた教育では社会は、世界は民主化に向けて進化を続けており、民主主義こそ正しいとされていました。
 民主主義が何時の場面でも万能でない事は知っていますが、概ねは人類を正しい方向に導くと考えていました。

 同時に民主主義を間違えないためには知性の裏付けが必要だと考えていました。

 しかしこのところ様子がおかしかった。

 アメリカではトランプ大統領が誕生、フィリピンにはドウテルテ大統領、ブラジルにはボルソナロ大統領、ベラルーシにはルカシェンコ大統領が生まれ、ミャンマーのアウンサンスーチー女史も変質したように思います。
 彼らは全て選挙で選出された(ルカシェンコ氏は長いし選挙も怪しいけど)国家元首ですが、その行動は独裁的で民主主義とは相入れない強権主義だと思います。しかし国民の指示は厚いのです。

 民主主義の大原則の一つが少数意見の尊重ですが、彼らにはそのそぶりも無いのでは。民主主義の破壊と知性の欠如を私は懸念します。
 刹那主義のポピュリズムで選挙にさえ勝てば、後は何をやっても良いのでしょうか。

 日本も同じです。選挙に連勝した自民党は安倍首相、菅首相と二代にわたって独善主義的人物を総裁に選び独善的政治を展開しています。

 これらの状況を見て、ロシアのプーチン大統領は「民主主義はもはや時代遅れだ」と言いました。
 習近平主席は民主主義に関してコメントは出しませんが、国力の増強に伴いその政治手法に自信を深めている様です。

 今回のアメリカ大統領選挙では4年ぶりに民主勢力が政権を取りました。
 バイデン氏が何を始めるのかまだ確定していませんし、民主党だからOKではありませんが、民主主義の後退をひとまず押しとどめる勢力がカムバックしました。

 このアメリカの選択が世界に拡大し、再度民主主義、知性主義が世界の潮流になる事を私は望みます。
 正直、民主主義に関する無批判な賛同が得られない困難な社会であることは認めますが、自由・民主・知性の尊重される世界がよりマシな世界だと思うのですが。

 10年前なら「思うのですが」とは書かなかったでしょう。私もこの主張、方向性に自信満々では無いという事です。
 バイデン大統領が内外に良い政治を行い、民主主義の優位性を再度示してくれることを願ってやみません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

777
2020年11月09日 17:53
CIAの秘密機械が選挙に使われた?! / バイデン躍進に潜む民衆党の策略

アメリカの保守派知識人の間では、前々から噂になっていたんだが、「もしかしたら、民衆党が隠し球のマシーンを使って投票数を操作したのかも?」と疑っている人が少なくないのだ。というのも、空軍で司令官を務めていたトマス・マックイナニー中将が、CIAの秘密プログラムが使われたのかも知れないと警告していたからである。

  今回、マックイナニー中将が暴露したのは、CIAが対外工作用に開発した「The HAMMER 」という防諜対策プログラムと、「Scorecard」なる投票結果を操作できるアプリケーションである。前者の「ザ・ハマー」は、誰にも探知されずに防禦されたネットワークを監視できるスパイ・プログラムで、投票マシーンをも監視・介入できる優れ物だ。後者の「スコアカード」は、投票所と集計場所の間で遣り取りされるデータを操作できるという。しかも、「痕跡を残さずに」だ。したがって、トランプ陣営が「スコアカード」の介入を疑っても、それが「使われた」と証明できるデータ記録を摑むことは、ほぼ不可能。何しろ、CIAが敵国の内部攪乱や、狙った外国の選挙へ介入するために開発させた「秘密兵器」なので、証拠を残すような代物じゃない。こうしたプログラムを開発したのは、CIAに雇われたデニス・モンゴメリーという人物。ところが、今では不正使用を暴露する警告者となっている。

  「Operation Freedom」というラジオ番組を運営するデイヴ・ヤンダ(Dave Janda)という整形外科医は、マックイナニー中将にインタヴューを申し込み、中将から情報を得ることができた。マクイナニー中将は、ペンシルヴァニアなどの激戦州(swing states)で「ザ・ハンマー」や「スコアボード」が使われんじゃないかと疑っている。軍人だから当たり前なんだが、今回の大統領選挙で民主党が御法度の不正操作をしたから、本当に怒っていた。本来、これらのスパイ・プログラムは、ターゲットにした国で使われるべき道具で、自国に使用されるものじゃない。それなのに、バイデンと民衆党の幹部は今回、禁じ手である“国内使用”を断行してしまった。「スコアボード」を使えば、バイデンの票数をこっそりと3%ほど水増しできるし、各地から送られてくる集計データも改竄できる。もしかすると、不審な動きを見せたミシガン州やウィスコンシン州、ジョージア州、アリゾナ州でも、こうしたスパイ・プログラムが使われた可能性がある。

バイデン「フェイク票」上乗せの卑劣な手口と真犯人判明! 「死者の不在者投票」も… トランプ“戒厳令”発動で米内戦勃発へ!!
2020.11.06
https://tocana.jp/2020/11/post_182320_entry.html

ジェームズ斉藤(以下、斉藤) あの巻き返しは明らかに不正です。例えば、ミシガン州では5日の朝7時にいきなり12万票もバイデン票が伸びていますし、ウィスコンシン州でも5日の朝4時に一瞬で11万票のバイデン票が加増です。グラフの動きを見ればわかりますが、垂直に伸びているので、普通に開票してないのは一目瞭然です。実は、この工作にはNSA左派が動いたようです。彼らはCIAがロシアやウクライナの選挙介入用に作った大量にフェイク票を生み出す特殊なソフトウェアを使って、フェイクのバイデン票を作っています。


──そんなソフトウェアがあるんですか!? いや、でもウクライナの選挙とか凄い胡散臭かったですね、思い出してみると。

ジェームズ ウクライナだけじゃないと思いますよ。これは日本でも間違いなく使われています。民主党が異様に強かった時もその可能性はありますし、自民党の連勝も可能性大ですね。

──確かに民意に反する選挙っていまたくさんありますね。しかも、メディアもそれに加担してますよね。今回の大統領選でもアメリカだけでなく、ヨーロッパ、イギリスの主要メディアも「不正なんかあるわけがない。まとめて集計したからああなったんだ」と一切、不正を取り合いません。

ジェームズ 欧米の主要メディアはグローバリストですから、ほぼバイデン派です。それは最初からわかっていました。ですから、集計がすべて終わっていない、あのタイミングでトランプは勝利宣言を出したんです。

──でも、「一方的な勝利宣言はしない」とトランプは言っていたはずなのに、途中で完全勝利宣言したのはなぜですか? 揉めさせるのが好きなのかと思いましたけど。

ジェームズ いえ、完璧なタイミングです。投票所における本人確認付きの投票のカウントが大部分終わった段階でやっています。そのあとは郵便投票がほとんどです。つまり、フェイク票が集まる前に勝利宣言をすることにより、あとからきた郵便投票に注目が集まるようにしています。これでフェイク票の実態が暴露され、最高裁に持っていく理由づけになります。また、これまでの大統領選では主要メディアが当選候補の勝利を宣言してきましたが、トランプ自らが勝利宣言をすることにより、極左の言論統制を受けずに国民に直接訴えかけることができたのです。

──マスメディアは選挙をコントロールするのは自分たちなんだと本気で思っているんですね。だから、「不正なんかないと言ったらない」という態度なんでしょうね。だけど、さっきも言ったように本当に変な票の動きとかありました。ウィスコンシン州では水増しし過ぎて投票率が200%になってしまったという話もあります。

ジェームズ ミシガン州では、1984年に死亡したWilliam Bradleyという人物が今年の9月に郵便投票していますよ。この世に不在していない人の不在者投票って、どんなジョークなんでしょうか(笑)。ミシガン州では郵便投票のカウント作業を完全に非公開にするため、窓に目隠しをして監視者から見えなくしています。そのあとにさきほど言った12万票が入っているんです。こういう状況を見ても「気にする必要がない」と判断する報道機関はもはや報道機関として機能していません。仮に不正かどうか断言できなくても不正を疑うに十分な証拠が揃っています。

──そもそも選挙運動のラリーで10人ぐらいしか観客を集められないバイデンがどうやって票を集めるんだって感じですね。

ジェームズ ここで重要なのは、「民主党がトランプの勝利を盗もうとしている」というトランプ側のストーリーです。つまり、トランプの勝利宣言直後に不正が暴露すると、バイデンは「選挙泥棒」になり、完全にトランプ側の戦略に乗せられることになります。

ジェームズ  ここで重要なのはディープステートには国防組織の後方支援勢力としての実体と、コンセンサスの両方があります。ワシントンD.C.でのコンセンサスは「アメリカの世界軍事覇権が世界にとっても良い」といったデタラメな言説を「真実」として信仰することです。こういったコンセンサスはワシントンD.C.特有なので、それを持っていない者やほかの地域の人間、バックグラウンドから任命していくことになります。実際、いまの米国諜報機関の頂点に立つODNI長官のラドクリフはスパイ出身ではありません。なので、当然現場の反感を買います。一方、現場も現場でスパイ教育を鵜呑みにして今まで上がってきた人間ばかりで、ディープステートのコンセンサスに完全に洗脳されています。

 しかし、いま必要な感覚は1776年の独立戦争前夜にトマス・ペインが書いたCommon Senseに訴えたごとく、「常識」です。ディープステートは常識を持ち合わせていません。

──ちなみに、ジェームズさんの中のディープステートの定義ってなんですか? 

ジェームズ ディープステートとは民主主義の手続きを踏まず、国防組織などのバックにいる勢力です。ネオコンも入りますし、軍産複合体、主要メディアもGAFAも入ります。一方で、国防総省やCIAなどは「影の政府」と呼ばれる勢力で、正式な政府組織ですが、これも民主的な権力を抑制しています。ですから、FacebookやTwitterも必死になってトランプ再選の邪魔をしているんです。
ベンプレ親父
2020年11月09日 18:19
777様、コメント有難う御座います。

陰謀史観はいつの世もあり魅力的なものですが、証拠がない限りそれはフェイクの範疇ですね。

徳川埋蔵金やM資金と同じです。
ない事をないと証明するのは悪魔の証明と言われ、不可能な事です。

バイデンさんが宇宙人でない事を証明できないのと同じです。

証拠の確かでない事をSNSで拡散し、世論をミスリードするのはSNSの使い方としては不適切として、FBやツィッターはトランプ氏のそれにコメントを付けたり、停止を行っています。

日本でも根拠なくガラケー女を特定したと発信した人、それを信じて拡散した人は罰せられました。

SNSなどの情報発信には責任を伴う時代になっています。
777
2020年11月09日 22:15
陰謀論とは何か

金持ちになったのは神に選ばれたからだという考え方か
ら新自由主義や新保守主義と呼ばれているイデオロギー
が生じた。

 こうしたイデオロギーの信奉者は1970年代から自分た
ちへ富が集中する仕組みを築いてきた。サッチャーイズ
ムやレーガノミクスとも呼ばれている。政府や議会への
支配力を強め、学者の世界やメディアも従属させること
に成功したと言えるだろう。

 支配の仕組みを作り上げる手口は飴と鞭、あるいは買
収と恫喝。どうしても屈服しない相手の場合、「消す」
ということもあるだろう。かつては射殺することが少な
くなかったが、暗殺が明らかになると、消した相手を英
雄にしかねない。そこで事故や自殺を装ったり、病死の
ように見せかけて毒殺したり、有力メディアを使ってス
キャンダルで葬り去るようになったと言われている。

暗殺が露見しかけると、西側の有力メディアはある呪文
と繰り返す。「陰謀論」だ。

多くの国のジャーナリストがCIAに買収されていて、そ
うした工作が危険な状況を作り出していると告発してい
る。人びとがロシアに敵意を持つように誘導するプロパ
ガンダを展開し、人びとをロシアとの戦争へと導き、引
き返すことのできないところまで来ているとしていた。

 こうしたメディア工作から一歩進めた情報操作が1980
年代に始められた。1983年1月、ロナルド・レーガン大
統領はNSDD11に署名、プロジェクト・デモクラシーやプ
ロジェクト・トゥルースがスタートした。デモクラシー
という看板を掲げながら民主主義を破壊し、トゥルース
という看板を掲げながら偽情報を流し、ファクト・チェ
ックと称して都合の悪い事実を揉み消し始めた。

 こうしたプロジェクトもあり、有力メディアの腐敗は
進んでいくが、1990年代から腐敗のスピードは加速、今
では「報道」の中から事実を探し出すことが容易でなく
なっている。


Terror Tuesday _ オバマ大統領は火曜日夕方に必ず CI
A のブレナンに暗殺指令を出した

【令和元年秋 特別対談】伊藤貫氏の警告、
パックス・アメリカーナと中華思想の間で摩滅する「商
人国家日本」[桜R1-10-26]
https://www.nicovideo.jp/watch/so35866762

ゲスト:伊藤貫(国際政治アナリスト)
聞き手:水島総  
ベンプレ親父
2020年11月09日 22:43
777様、コメント有難う御座います。

まず前提として、人類はどの様な環境でも生存し、種を残す為の遺伝子を形成しました。
そして、多数派の遺伝子が好むものが自由、平等、友愛であり真実を語り、不正を憎む事です。

それらをまとめて正義と呼びます。多数の人々が好む事項の名称を正義と呼ぶと言い換える事もできます。

人類は最悪の気候や災害時にも種を残すために利己的な遺伝子や卑怯な遺伝子を少数の人間に伝えますが、それは多数にはなりません。

人間は遺伝子の船に乗り歴史を航海しています。多数派の遺伝子の好む所を船は目指して進化して行きます。

時には海が荒れたり、進路を間違えて蛇行しますが、船の目指している最終地点、人の遺伝子の到達点は正義なのです。

紆余曲折がある様に見えて、実は世の中はシンプルなものですよ。
777
2020年11月09日 23:33
>人類は最悪の気候や災害時にも種を残すために利己的な遺伝子や卑怯な遺伝子を少数の人間に伝えますが、それは多数にはなりません。


人類はアウストラロピテクス、原人、ネアンデルタール人等の沢山の種ができて、残ったのは結局ホモサピエンス一種だけですね。
それ以外の種はすべて絶滅しました。

ホモサピエンスでもタスマニア人とかアメリカの原始民族とか殆どが殺戮されて絶滅しましたよね。

正義とか言っても、それは生き残った種の間だけにしか通用しない話なのです。

このままいくとユダヤ人とムスルムと中国人以外の種はすべて絶滅ですね。

ベンプレ親父
2020年11月10日 07:03
777様.コメント有難う御座います。

現代も衝突や殺戮はあり、ロヒンギャ、チベット、ウイグル、パレスチナなどで問題がある様です。
しかし現代ほど世界がそれを問題視し、食い止めようという動きがある時代はありません。

それは人類が長い歴史で学んだ知識と獲得した知性のなせる技です。
昨日が今日と違った様に、明日は今日とは違います。

科学技術が進歩する様に、道徳律も進歩して行きます。
その歩みは遅く、犠牲者は今後も少ないとは言えませんが、敗北主義は何も生み出さず、社会の主流にはなりません。
777
2020年11月10日 07:56
>科学技術が進歩する様に、道徳律も進歩して行きます。

現代人よりニューギニア原住民人とかホッテントットやピグミーの様な祖霊信仰の原始民族の方が道徳を厳格に守っていますね。少なくても飢餓老人とかは放置しないし、食べ物でもなんでも互いに融通し合って助け合っていますよね。

科学技術が進歩したと言っても、現代のオーディオは手廻し蓄音機や大昔のデッカやワーフェデールやパルメコのスピーカーの音には敵わないですよね。

パワーアンプも大昔のウェスタンエレクトリックの WE124 やローサーよりいいものはその後出た居ないと聞いています。

オーディオ技術の進歩は小型化と大きな音が出せる様になった事ぐらいですね。

ベンプレ親父
2020年11月10日 08:09
777様コメント有難う御座います。

パルメコのスピーカーとローサーのアンプはまだ聴いたことが無いのですが、それ以外は同意します^_^
2020年11月11日 00:25
パンツが無くても原子爆弾は製造する
毛沢東(建国の父)
社会主義市場経済の導入、香港奪還
鄧小平
中台統一、一帯一路、太平洋西側の平和利用
習近平
---
清朝以来、西欧列強から受けた屈辱のお礼参りのターンです。
1840年の恨みは決して忘れてはいけません。
アジア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人の方々、ご苦労様でした<(_ _)>