「大判 音の見える部屋 私のオーディオ人生譚」到着しましたw

IMG_3307.JPG
IMG_3308.JPG
IMG_3309.JPG
IMG_3310.JPG
 11月19日発売の田中伊佐資さんの「大判 音の見える部屋 私のオーディオ人生譚」が音楽之友社から送られてきました。
 取材を受けた人には発売当日に到着するように、先に配布した様ですね。
 私は5冊、別に注文していますので、6冊揃いますな。

 このMOOKは雑誌「ステレオ」の連載、「音の見える部屋」をまとめたもので、これが三冊目だそうです。
 表紙はベンプレ亭書斎が使用されました。名誉な事ですね。

 MOOKはステレオ誌よりスペースがあるので、写真も文章も雑誌よりたくさん載っています。これも嬉しいですね。

 この取材を受けてからそろそろ1年半ですので、機材は一部変わりましたが良い記念になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

こうすけ
2020年12月04日 13:14
おめでとうございます🎉
素晴らしい、ベンプレさんが小さく見えるアングルですね。
音の見える部屋、私も欲しいです〜
こうすけ
2020年12月04日 13:25
おめでとう🎊ございます
ベンプレさんが小さく見えますね(^^)
俺も音の見える部屋が欲しい〜
ベンプレ親父
2020年12月04日 14:38
こうすけ様、コメント有難う御座います。

いやいや、こうすけ様のところは「音のつかめる部屋」じゃないですか。
「見える」程度の私では、足元にも及びません(^^;)
こうすけ
2020年12月05日 06:42
2回も書いちゃってすみません、過分なお褒めありがとうございます、古の1930年単線がやっと鳴り出しました、全て変えました。WEはズゴイ!、