由紀精密AP-0 LPプレーヤー到着 !!(その3.)

 新しく入手したLPプレーヤー、由紀精密AP-0ですが、同社の第一号機なのでツッコミどころもありますw
 少し触りたいなと思うのは電源です。AP-0は電源部が外部から供給されていますが、この電源部、パソコンのACアダプターと同じ様なブツです。という事はスイッチング電源だと思います。規格は12V、2Aとありふれたものです。

 この電源部をトランスを用いたクラシックな整流回路にしたら良くなりませんかね?スイッチング電源は何かとノイズの原因と聞きますのでやってみる価値はあるのでは?

 プラッターが静かに正確に、力強く回ればスイッチング電源でも問題ないのでしょうが、市販の汎用ACアダプターではなんだか貫禄が…
 アンプや励磁電源では電源部に拘っているのに、ここがスイッチング電源ではなんだかバランス悪いじゃないですかw

 という訳で、ちゃんとしたトランスが入っていて、クラシックな整流方式のACアダプターを探してみました。
アダプター.JPG
 (AP-0へのDC12V電源供給装置。左からBRZ-HiFi、ヤマハPA-5、ミスミUIA324-12です。BRZとヤマハは従来型のトランス式、ミスミはスイッチング電源だと思います)

 Getしたのは2機種。一つは中古のヤマハPA-5(12V/2A)です。これはかなり古い物らしく、後継機のPA-6が発売されたのが2009年だそうですから、10年以上前のブツですね。ケミコンの容量抜けとか心配ですが、まあ数千円ですからお試しです。

 トランス式なのでソコソコ重いです。1㎏位かな?本来は電子楽器用の様ですね。そりゃそうだ、ヤマハはパソコン造って無いもの。
 当時からスイッチング電源はありましたから、音の為にトランス式にしたのかな?それならイケそうですよ。

 到着後AC100Vに繋いで、DC出力プラグの電圧を測ると15vもあります。プラグをジャックに挿し込んで、負荷を繋ぐとこの電圧も変わるのかもしれませんが、とにかく古いものなので…

 なおブツが到着してから知ったのですが、DCプラグにはたくさん種類があるのですね。全部同じかと思ってました。勉強になりますな。

 AP-0の電源ジャックはEIAJ#4という外径5.5㎜、内径3.3㎜、中央ピン1.0㎜のタイプでした。
 届いたヤマハPA-5のプラグは外径5.5㎜、内径2.1㎜で、口径が合いません。困ったなとネットを探してみましたら5.5㎜/2.1㎜→EIAJ#4の変換プラグがありました。

 こんなこと今では簡単に出来ますが、インターネットが無い時代なら秋葉原を歩き回って探さなきゃならんのでしょうね、今のベンプレ親父の体力ではちょっと無理かも。
 いやその前にEIAJ#4という規格である事にたどり着けなかったと思います。良い時代になったんでしょうな。

 もう一つ入手したのは新品、BRZ HiFiという中国メーカーのパワーサプライ(12V/6.5A)です。
 こちらは6.5Aとかなり電流に余裕がありますが、その分大型です。130×55×250mm(W×H×D)で2Kgもあります。でもコレも安いもので、送料込み1.5諭吉です。

 こちらはテスターでDC出力を図ると12.09Vでした。BRZにはデジタル式のボルトメーターが付いていますが、こちらも12.1Vと表示されますね。

 BRZのDCプラグは5.5㎜/2.1㎜、5.5㎜/2.5㎜の両方に対応するタイプで、こちらも5.5㎜/2.1㎜→EIAJ#4変換プラグで繋ぎました。
 回転速度をストロボスコープで見てみましたが、3電源何れもプラッターは正確に回転していますね。

 それほど音は変わらないだろうと思いましたが、ミスミ、ヤマハ、BRZをそれぞれAP-0に繋いで聴き比べてみました。

 うーむ、気のせいかスイッチング電源(ミスミ)よりトランス式(ヤマハ、BRZ)の方が音が静かで余韻が出やすい気がします。ヤマハはDCが少し高めなのでAP-0になにか悪影響があるといけませんので、BRZで行きましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

マニア
2020年12月22日 08:38
オヤジ殿

アナログも流石、抜かりありませんな

オヤジ殿のD1250の振動板はチタンだと思いますが昔の125はジュラルミンで磁石は内磁型と同じですが昔の物は大きなアルニコが作れなくクズアルニコを重ねていましたがD1250では一個物を使用してます、振動板も昔のジュラルミンでは腰砕けな低音でチタンは芯の有る低音でした
後はオヤジ殿の使いこなしが楽しみですね
ベンプレ親父
2020年12月22日 11:50
マニア様、コメント有難う御座います。

AP-0、とても良い音ですよ。とにかく静かでワイドレンジなので、特にクラシック音楽には合うと思います。

D-1250はまだ勉強中で良く判りませんが、ひとまず不足のスロート1本と木製低音ホーン(YL音響LH-5のレプリカ)2本の見積もりをお願いしています。
WE13aを下にして、その上に地震対策をしたうえでLH-5を置けば何とか部屋に入りそうです。
しかし見た目が仰々しいというか、不可思議と言うか、奇怪というか、マッドサイエンティストの実験室みたいになっちゃわないか心配です。
2020年12月22日 11:55
いつも拝見させていただいております。
私も気になっているレコードプレーヤですが価格的には手が出ません。

スイッチング電源のお話、私もプリアンプ替わりのDJミキサー『Allen&HeathのXONE:23』の標準装備のスイッチング電源をトランス型電源アダプタに替えて同様にプラグサイズが合わないので変換プラグを使っています。
https://ameblo.jp/khrmthr/entry-12603239620.html
プラシーボかもしれませんが音がクリアーになったような気がしますね。

トランスついでにパワーアンプThomannS-75mk2も100V→117Vへトランスで昇圧した電源に繋いでいます。
https://ameblo.jp/khrmthr/entry-12605394037.html
これは聴感的には良く分かりませんでしたが、精神的には力強くなったような・・・

後日ですが2chマルチアンプの接続構成を今までHighでL/Rch1台とLowでL/Rch1台と分けていたのをLow/Highで左右分離式に分けてL/Rchのアンプをそれぞれ分離したのでクロストークが減った(?)のか音がますますクリアーになったような気がしています。
https://ameblo.jp/khrmthr/entry-12642743882.html

これまたプラシーボか・・・
マニア
2020年12月22日 13:55
オヤジ殿

既にLH5レプリカの手配とは、、、
恐ろしく手回しが早いですな、、、

今までにオリジナルLH5は何種類か見ましたが時代によって若干細かい部位の作りが違うようですが、材質は全てパーチクルボードでした、合板とパーチクルボードの音の違いはオヤジ殿は210の箱で経験済みでしたね

オヤジ殿は2台ステレオ使用だから十分ですね3D使用は低音が足りませんから笑